【岩手大学ワンにゃんレスキュー号】2015/6/5施設保護の「被災地の犬猫」の診療に来訪♥
2015 / 05 / 23 ( Sat )
無題
岩手大学被災動物移動診療車「ワンにゃんレスキュー号」が
会の被災地保護犬猫の「診療」に来訪します♥


2011/3/11東日本大震災で被災した岩手県内の被災犬猫たちを
この4年間で274匹を会で保護し、預かり、里親さんを探して託して来ました。

保護当時高齢だった犬猫や、衰弱がひどく、病治療が必要な犬猫たちは
ご縁も遠く・・現在も複数匹を、施設や預り先過程で保護していますよ。

体調の悪い保護犬猫達を、毎日3~4匹ずつ連れて
片道40分・・・・・かけて通院。
診療の待ち時間、治療を終えて
施設へ戻りますのは夕方になってしまいます。

体調の悪い犬猫にとって1日がかりの通院負担は重く・・・
なかなか回復できずにおります。

この窮状をしって、「ワンにゃんレスキュー号」が、
被災保護犬猫達の診療に来てくれることになりました。

「ワンにゃん号」は、かわいいルックスながら、
レントゲン、エコー(超音波診断)装置を始めとした機材を装備した
動く診察室」です。

最新鋭の医療機器とペットへの熱い想いを乗せた「ワンにゃん号」!
被災犬猫や、保護犬猫達200匹にとっても、待ち遠しく、嬉しい診療になります。
ありがとうございます。

レスキュー号の活躍はこちらから⇒「ワンにゃんレスキュー号

レスキュー号の詳細紹介はこちらから⇒「ワンにゃんレスキュー号紹介

訪問予定日:2015年6月5日(金)10:30~

 
12 : 11 : 22 | お知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) | ≪ トップへ ≫
| ホーム | 次ページ