【2/27・2/28】譲渡会ご案内💛毎月第2土日・第4土日は譲渡会です💛
2016 / 02 / 23 ( Tue )
DSCF8669.jpg
☆2月定例ふれあい譲渡会
会場:施設(雫石町内)
日時:2016年2月27日(土)・28日(日) 
集合:両日とも2回開催します。
 1回目 13:00~13:10集合・  2回目 15:00~15;10集合  
集合場所:JR小岩井駅前の西側駐車場(郵便局側)
  集合時間に、施設から旗をもってお迎えに行きます。
  受付が済みましたら、アンケートを記入下さいね。
  集合時間すぎましたら、施設へ移動します。
 ※ 施設では受付していません。集合場所へいらして下さいね。

毎月第4土曜日・日曜日が定例譲渡会ですよ。
かわいい子猫たちが、すくすくそだち生後3ヶ月。譲渡適齢期(^.^)になりました。
みんな甘えん坊のやんちゃ姫・わんぱく坊や達ですよ。
ご家庭事情で、お家がなくなってしまった大人の犬猫たちも沢山保護されています。
あたらしい年を一緒に家族に迎えてあげてくださいね。
屋内での譲渡会になります。 気に入った猫ちゃんとゆっくりお見合いして下さいね。
抱っこもできますよ。

・譲渡費用は無料です。
・飼育に必要なお品は各自準備下さいね。   
・子猫達たくさん参加します。(猫は、完全室内飼いが条件です)
 猫をおどかさないように穏やかにふれあってご縁の子に出会って下さいね。
・迷子札(首輪)は必ず着用 ・・実費(@600 @1050円)。

※譲渡が決まりました場合は、
 必ずキャリー(かご)・クレートの準備をお願いします。
※猫用は、会でお譲りできるキャリーも準備してあります
   (実費をいただきます:~5kg用 ・2500円税込)

※ 子猫は、施設(雫石)や、県内各地(遠方)から参加します。
 子猫は体力がありませんので、会えた日がご縁の日ですよ。
 子猫の体力・体調によってはドタキャンも!
 早めに帰宅する子もおります。
 ご理解をお願いいたします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
DSCF0423.jpg
☆3月ふれあい定例譲渡会  
会場:施設(雫石町内)
日時:2016年3月12日(土)・13日(日) 
集合:両日とも2回開催します。
 1回目 13:00~13:10集合・  2回目 15:00~15;10集合   
集合場所:JR小岩井駅前の西側駐車場(郵便局側)
  集合時間に、施設から旗をもってお迎えに行きます。
  受付が済みましたら、アンケートを記入下さいね。
  集合時間すぎましたら、施設へ移動します。
 ※ 施設では受付していません。集合場所へいらして下さいね。

かわいい子猫たちが、すくすくそだち生後3ヶ月過ぎ。譲渡適齢期(^.^)になりました。
みんな甘えん坊のやんちゃ姫・わんぱく坊や達ですよ。
ご家庭事情で、お家がなくなってしまった大人の犬猫たちも沢山保護されています。
屋内での譲渡会になります。 気に入った猫ちゃんとゆっくりお見合いして下さいね。
抱っこもできますよ。

・譲渡費用は無料です。
・飼育に必要なお品は各自準備下さいね。   
・子猫達たくさん参加します。(猫は、完全室内飼いが条件です)
 猫をおどかさないように穏やかにふれあってご縁の子に出会って下さいね。
・迷子札(首輪)は必ず着用 ・・実費(@600 @1050円)。

※譲渡が決まりました場合は、
 必ずキャリー(かご)・クレートの準備をお願いします。
※猫用は、会でお譲りできるキャリーも準備してあります
   (実費をいただきます:~5kg用 ・2500円税込)

※ 子猫は、施設(雫石)や、県内各地(遠方)から参加します。
 子猫は体力がありませんので、会えた日がご縁の日ですよ。
 子猫の体力・体調によってはドタキャンも!
 早めに帰宅する子もおります。
 ご理解をお願いいたします。
※ お写真は2016/1/23譲渡会の様子です。屋内での譲渡会になりますよ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「無責任飼い主0(ゼロ)宣言!」

会では、「無責任飼い主0(ゼロ)宣言!」(環境省)指導に沿い譲渡しております。
譲渡費用は「無料」ですが、「飼育環境等整った方」への譲渡になります。
会では、飼育環境等が整いません場合や、依頼主さん等からの飼育条件にあいません場合は、
「お断り」する場合もございます。
ご理解をお願いいたします。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
会の活動は、「任意団体」。 公的な援助は一切ありません。
趣旨にご理解をいただける個人の「会費」と、個人やスタッフの「ご寄付」で犬猫を保護し治療をし譲渡を行っています。 
スタッフの交通費等は皆「手弁当」です。
1匹でも多くの犬猫を助けるために、どうぞ会員さんになってくださいね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
※ トップのお写真は、長毛キジトラ”三番目ちゃん”(男の子)ですよ。
たった1匹で保護された迷子の猫ちゃんでした。おっとり穏やかさんですよ。

ここからHP訪問してね(クリックすると訪問できますよ)

仔犬の里親さん募集中⇒ http://inochiiwate.blog59.fc2.com/blog-category-2.html

成犬の里親さん募集中⇒ http://inochiiwate.blog59.fc2.com/blog-category-3.html

仔猫の里親さん募集中⇒ http://inochiiwate.blog59.fc2.com/blog-category-4.html

成猫の里親さん募集中⇒ http://inochiiwate.blog59.fc2.com/blog-category-5.html
 
犬猫の「保護場所」を確認くださいね
  ◎施設 (岩手県雫石町の当会保護施設におります) 
  ◎一時預かり家庭 (岩手県内の当会の預りボランティアさんのおうち)
  ◎依頼主さん (岩手県内の現在の飼い主さんのおうち) 
  ◎保護主さん (迷子等で保護した岩手県内の個人のおうち)

≪里親情報・アンケートに関するお問い合わせ等は≫  

HP未掲載の子も、参加します。
HP掲載中の犬猫につきましては
その子の体調・預かっていただいておりますボランティアさんのご都合にもよりますよ。

会の犬猫は、「ご縁の子達」ですよ。
HPで、気に入った犬猫がおりましたらどうぞ、早めに事前予約をくださいね。

譲渡会で気に入った子を探したい♥場合は
当日アンケートご記入お願いします。

アンケート取り寄せ → アンケート審査OK → 譲渡会でのお見合い

アンケートは、パソコンメール(プロバイダーメール)・電話FAX・郵送になります。

メールか「夜間専用電話」へ申し出をお願いたします。

メール申込先: [ inochinokai@gmail.com ]
電話fax申込先:019-691-1771(fax専用)
里親募集 専用電話 080-741-3602(18:00~20:00)
 inochinokai@gmail.com
----------------------------------------------------------

「動物いのちの会いわて」は、岩手県内を中心に活動する動物愛護団体です。
当会には、上部団体(県内外含)も、支部等(県内外含)もございません。
唯一独自、県内で唯一「保護施設を抱える動物愛護団体」ですよ。
「動物いのちの会いわて」は  2009年夏に矢巾町から雫石町に完全転居いたしました。
旧施設の場所は、更地になっています。ご注意願います。

-----------------------------------------------------------
【猫を拾ってしまった…保護している…やさしい保護主さんへ】

「動物いのちの会いわて」は、犬・猫の引取り団体ではありません。
ご自分で保護した犬猫に、里親さんを探したい・・
こんな気持ちの人たちが集まって力を合わせ里親さんを探しています。

事故等で瀕死の重傷を負った犬猫を助けてあげたい!
個人では賄えない高額な治療費用を皆で出し合って助けたい!
動物の愛護を社会に訴え、広めていく団体です。

この頃、
「会員の ○○です。 知り合い(私)が猫を拾いました。
今すぐ引き取って下さい! 会費も払っています!
今から連れていってもいいですか」・・・

「庭に野良猫がくるから引き取りに来て!・・・
「小屋で子猫が生まれていた。 すぐに連れて行きたい・・・」
「飼えなくなったから、直ぐに引き取って・・・」等の申し出をいただきます。

事故等で瀕死の状態・・・今すぐの医療ケアが必要な犬猫
会で緊急保護しますのは、このような「緊急レスキュー」だけになります。

里親さん募集(新しい飼い主さんを探す)などご協力はできますが、
保護した子や、ご自分の飼い犬・飼い猫は、ご自身の責任でお世話をお願いします。


会のスタッフも、皆、保護したあなたと同じです。
仕事を持ちながら、「生死に関わる緊急保護した子」のためにお手伝いしています。
申し訳ありませんが、個人が保護しました犬・猫全てを引き取ることはできません。
ご縁があって見つけた犬・猫です。 少しの間だけ、お力を貸してあげて下さいね。
ご理解をお願いいたします。

当会で現在保護しています犬・猫は250匹を超えています。
保護施設だけではどこにも保護できない状態です。
そこで、犬猫の事情や体調等に応じて保護しております。

保護施設の犬・猫=怪我や治療を要する犬猫達が 常時200匹以上保護しています。
会の一時預かりご家庭=ミルクのみ赤ちゃん仔猫や、常時介護・通院の必要な重症犬猫。
譲渡依頼主(現在の飼い主さん・動物病院さん)=飼えなくなった、貰い手を探したい方。
保護主さん(保護された方)=犬猫を保護した(拾った)方。

犬や100匹を超える子猫や成猫ファミリー達が現在、里親さんを探しています。
現在これ以上の保護は難しいのです。

施設も預かり先も満杯飽和状態…です。

ひろったから引き取って欲しい・・・という、
最初から「他力本願」は困ります。

当会は、ひろった(保護された)方が、ご自身で保護しながら里親さんを探す団体です
皆さん、「ご自身で保護した犬・猫」をお世話しておられます。

保護した方には、「保護した責任」がありますよ。
知人の保護した子は保護したご自身が保護できません場合は
先ずは、保護先をご自身でさがして下さいね。
御身内やご友人に頼めないか、
周囲の方に声を掛けお願いして下さいね。

高齢の飼い主さん死亡・入院・入所等でのシニア犬猫の引取り依頼が急増中です。

犬や猫にも、「心」がありますよ。
どの子も、飼い主さんが一番大好きですよ。
飼い主さんと離れますのは本当に悲しくて辛いことなんです。
ですからご家族やご親戚等にご縁を頂けますならその子にとっても一番幸せなことです。
ご家族やご親戚等に飼育してもらえないかどうか、
飼うことができなくても、貰い手が見つかるまで、預り飼育してもらえないかどうか
どうぞ皆様でご相談をお願いいたします。

保健所では、動物愛護法がかわり、飼い犬飼い猫の引取りは原則行っていません。

小さな命、縁あってお身内の方が可愛がり飼育してきた命です。
成犬・猫でもシニア犬・猫でも、1匹でも助けてあげたい・・・と努力中です。

会では、犬猫と、飼い主さんの飼育環境等を勘案した、「マッチング」を大切にしています。

可哀想・・・だけでは、長い間、飼い続けることはできませんよ。
一度、辛く悲しい別れを経験した子です。
この先同じ思いをさせたくはありません。
ご家庭にふさわしい犬猫を大事に飼育していただけますように願っています。

でもね、飼い主さんが高齢ですと、飼い犬飼い猫も同じように高齢・・・なんです。
子犬や子猫のようにすぐにとは行きません。
ご縁は少し遠いのです。
里親さんが見つかるまで、どうしてもお時間がかかりますよ。

このような実情です。
とても申し訳ないのですが、
今現在は、飼い犬・猫の「引取り」の依頼には、対応ができません。
里親さん(新しい飼い主さん)を探すお手伝いはできますし、
人になれた犬猫ですなら、お時間はかかりますが、良いご縁にも恵まれていますよ。
いつでもご相談に応じます。

新しい飼い主さん(里親さん)が見つかるまで、お世話をお願いいたします。
飼育のご相談や、必要なケージ等は貸出も行っています。

飼い猫・飼い犬の里親さん募集につきましては
施設電話では対応していません。
夜間携帯電話にご連絡を下さいね。

受付電話:080-5741-3602
  (18:00-20:00夜間専用です。夜間移動中はお返事できません。留守電メッセージをお願いします。)
            
 メール;  inochinokaiiwate@ezweb.ne.jp  


犬猫の「一時預かり家庭」が増えますなら、負担も軽減されます。
どうぞ、一時預かりさん家庭になってあげてくださいね。
今ね、飼い主さんが高齢で入院入所お星様になってしまい
ひとりぼっちになった成犬・猫の保護依頼が急増中です。
お仕事していましても、大人猫なら大丈夫。
手がかかりません。お留守番もできますよ。
預りさんできますよ。
どうぞ、お力を貸してくださいね。

お問い合わせは、上記夜間携帯電話へお願いします。

会での「引取り」は、生死にかかわる「緊急レスキュー」だけをお受けしております。  
ご自分で保護された猫は、責任をもって「ご自身で飼育」をお願いいたします。

会では、「個人で保護した猫の引き取り」はできませんが、
保護に必要なケージや猫トイレ等の貸し出し、
猫の飼い主さん(里親さん)探しや、飼育のご相談(人馴れさせる方法)等
ちょっとしたコツがありますよ。
ご相談に応じております。

昨年度保護しました猫は283匹。
病気治療中等の子を除き、子猫からシニア猫、エイズキャリア猫・・
ほぼ全て里親さんのもとへご縁をいただいております

ご縁があって保護した猫達です。
少しの間、保護してあげて
HP、譲渡会での募集で
一緒に保護した猫の里親さんを
探してあげましょう。

1人で悩んでいないで、御相談のメールをくださいね。

 inochinokai@gmail.com  

※ 保護したら、動物病院での健康診断・必要な治療・3種ワクチン接種をお願いいたします。
元気で可愛くなったら、HPでの里親さん募集を開始しましょうね。

(子猫は、体重が1000g超えたら、体内寄生虫駆虫・3種ワクチン接種 ⇒ 体重1kg前後から譲渡会参加)
 成猫は、ワクチン・不妊手術・エイズ白血病検査が必要です。)

どうかご縁があり庇護を求めてきた犬猫です。
少しの間、保護し助けてあげてくださいね。

下痢をしている、衰弱して動けない・・・等
弱っています猫は、病院へお連れ下さいね。


会は、病院ではありません。
会から一番近い動物病院まで片道40分以上かかります。
弱っている子は、病院へ連れて行くあいだに、命が尽きてしまいますよ。

ウィルス・ノミ・ダニ等に感染しておりますと
他の保護猫への感染の危険性がありますよ。

ワクチン接種後、効果が出ますのは3週間後位からです。
保護猫の安全のため、ほかの保護猫とは別にしておかなければなりません。

施設では、パルボ・コロナ等ウィルス感染を一番恐れています。
感染力が強く、感染しますと、3日…で死んでしまいます。
他のワクチン接種後3週間以内の保護猫達へ次々と感染し、殺してしまいます。
保護した猫が下痢でしたら、すぐに動物病院へお連れ下さいね。

会では、感染予防のため、塩素系漂白剤を使い、
施設の全部屋を、毎日すみずみまで清掃消毒しています。

おかげさまで、被災時の大量保護を行いました時でも
新施設での、パルボ発生は完全に防止することができております。

しかし、1匹でも、「ウィルス感染猫」をもちこまれますと
毎日の努力が水の泡、施設の猫達の大量死…につながります。

万一パルボ、コロナ等のウィルスに感染・発症しております場合は、
1匹を助けたくて施設へ持ち込まれますことで、
施設の保護猫200匹全てを死の危険にさらすことになります。
絶対に施設へ連れてこないでください。
ご理解とご協力をお願いいたします。

保護しましたら、まずお近くの動物病院で健康診断とワクチン接種をお願いいたしますね。

弱っている犬猫を、直接お連れいただきましても、施設への入室も引き取りもできません

保護猫と施設保護猫両方にとってとても危険です。
絶対に避けて下さいますようお願いいたします。
      
※ 当会は全員が本業を持ちながらボランティアだけで運営する動物愛護団体です。
専従の職員はおりません。
平日のスタッフは、日替わり交代制のお世話担当だけです。
仔猫の里親さん探し等の込み入った御相談は、メール対応とさせていただいております。
   
 お名前と御住所・御連絡先の電話番号も忘れずにメール下さいね。
 メールのお返事はできるだけ1両日中に行っております。
 お返事が来ないなあと思われましたら、メールの設定を確認の上もう一度メールくださいね。

いただいたメールにお返事が届かない場合がございます。   
☆ メールの受診設定をお願いします。
(ドコモ携帯は、パソコンメールが受信拒否設定になっています。→必ず「gmail.com」の受信設定をお願いいたします)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
150424_112356.jpg
☆ 犬・猫の一時預りさん「ミルクボランティアさん」急募!!

 会の施設は、只今満員満所;;

 生死に関わる緊急レスキューに応えたくても
 保護するスペースがございません。

 保護され、元気になって、
 里親さんを募集中の犬猫や
 迷子保護の犬猫の、保護期間を
 ご自宅で預かっていただけましたら
 瀕死の緊急レスキュー犬猫の要請に応じられます。

 里親さん募集中の保護犬猫を、
 里親(飼い主)さんが決まりますまで
 ご自宅で保護し預り、譲渡会へ連れてきていただける方
 「一時預かり」のお手伝いをお願いいたします。

 お預かりのお願いは急にお願いすることになります。
 必要な物資等は全てお貸し致します。

 犬猫を天寿まで看取ることはむつかしいけれど
 少しのあいだだけなら預かれますよ・・と
 思われましたら、どうかご協力をお願いいたします。

「子猫・仔犬」は犬猫飼育経験者「ミルクボランティア」さんを募集します。
 「成猫・シニア猫」は猫初めての方や、夫婦共働きでお留守番が長くても大丈夫です。

 小さな命をつなぐお手伝いをどうかお願いいたします。

 問い合わせは
  専用窓口:080-5741-3602(18:00~20:00) 

 ※ 岩手県雫石の施設まで自力で送迎可能な方。
   犬猫の飼育スペース(60cm×45cmのケージ)・ペット可のお住まいの方。
   犬猫の体調が優れないときは、動物病院へ通院できる方。 
   携帯電話のメールアドレスをお持ちの方。(連絡はメール中心になります) 
   犬猫の飼育経験者・初心者 大歓迎です。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー  
続きを読む
22 : 22 : 22 | 終了しました | トラックバック(0) | コメント(0) | ≪ トップへ ≫
| ホーム | 次ページ