【2017カレンダー!】好評販売中!クリアファイルは限定数だけ急いで! るんびにい美術館でも取扱い中!
2016 / 12 / 24 ( Sat )
壁掛け 表紙
   ― 全ての子に「ドラマ」がある -

カレンダーや、クリアファイル、写真集のモデルはすべて、この17年間に会で保護した犬猫達です。
 ※ 壁掛け用と卓上用の写真は、皆違うお写真ですよ。同じものはありません。

2017年度カレンダー・11/16(水)販売開始!ネットでの販売開始しました!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
壁掛け 表紙

↑2017カレンダー(壁掛け)1000円(税込) ↓ 2017カレンダー(卓上用)800円(税込) 
※壁掛け卓上用のお写真は同じものはありません。
卓上-表紙
☆2017バージョンオリジナルクリアファイル(4枚組)1000円(税込)
(新しいバージョンの犬猫達ですよ。数量限定!早めのご注文お待ちします)
2016オリジナルクリアファイルはおかげさまで完売しました)
クリアファイル-セット
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~              
写真集・2017カレンダー・2017オリジナルクリアファイルのご注文・お支払い方法
   ========
  ❤ お支払いは後払いです。
、「カレンダー等に同封の振込用紙」で ❤

  ご注文の写真集・カレンダー等に「郵便振替用紙」が同封されます。
  お品が届きましてから、お支払いをお願いいたします。
=========================
写 真 集「ありがとう」:      冊(@1,800円・税込・送料は会負担)残部少しです。
2017カレンダー(壁掛け用):   冊(@1,000円・税込・送料は会負担)
2017カレンダー(卓上用):     冊(@  800円・税込・送料は会負担)
2017オリジナルクリアファイル4枚組:     個((@1,000円・税込・送料は会負担)

注文主さんのお名前:
  〒  :
  ご住所:
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  お届け先
  お名前:
  〒   :
  ご住所:
  =======================
ギフトの申出はお届け先もおしらせくださいね。
会員さんへ:冬の会報と一緒に申し込み用紙が届きます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「動物いのちの会いわて・事業部」は、「当いのちの会」に統合いたしました。
 2013年までの、☎・fax・住所・郵便振り込み用紙は、ご利用できません。ご注意くださいね。
       
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
販売取扱店募集中

また、写真集等も含めお店などで販売を取り扱ってくださる方がおられましたら
オンラインショップ・トップページの「お問い合わせフォーム」より お知らせくださいませ。
皆様のご協力を宜しくお願い致します。

 *************************************************************
動物いのちの会いわて(カレンダー・写真集・クリアファイル専用窓口
   電 話:019-691-1770(10:00~18:00)
   電話fax:019-691-1771(24H)
   メール:inochinokai@gmail.com
   オンラインショップ:「いのちの会オンラインショップ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ※ 取り扱い店・動物病院只今拡大中
「動物いのちの会いわて2017カレンダー」に沢山のご予約・ご注文を頂いており 心から感謝申し上げます。
岩手県内になりますが、書店、販売店、動物病院でも、お買い求め頂けます。 
※ お近くの方は、是非お手にとってご覧頂き お買い求めくださいます様 宜しくお願い致します。
 *************************************************************
動物いのちの会いわて(カレンダー・写真集・クリアファイル専用窓口
   電 話:019-691-1770(10:00~18:00)
   電話fax:019-691-1771(24H)
   メール:inochinokai@gmail.com
   オンラインショップ:「いのちの会オンラインショップ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【取扱い店・動物病院さま】

  【東山堂書店】
    肴町本店、イオンモール盛岡南店、三ツ割店、川徳店、都南店、北上店

  【エムズエクスポ盛岡店】 
     岩手県盛岡市みたけ3-36-1(アルテマルカンみたけ店跡)
     ● 書籍コーナー     019-648-7100

 【動物病院】 

 <矢巾町>

小川動物病院 (紫波郡矢巾町南矢幅第16地割30−14) 019-697-6652

矢巾わんにゃんクリニック(矢巾町大字高田第15地割46-1)019-613-8033

 <盛岡市>

松園動物病院 (盛岡市西松園4-20-2) 019-661-0500

らいおん動物病院 (盛岡市みたけ6丁目3-3) 019-645-0688

大志田動物病院 (盛岡市永井25地割1) 019-638-5556

緑が丘動物病院 (盛岡市上田堤1-5-13) 019-661-1122

ペット往診センター(盛岡市山岸2-12-12)019-623-2656

ちば動物病院(盛岡市みたけ4-8-55)019-641-2099

加賀野どうぶつ病院(盛岡市加賀野3丁目17-3) 019-623-1838

 <北上市>

たかはし動物病院 (北上市九年橋2-7-29) 0197-64-2422

 <奥州市>

岩手どうぶつ医療センター(水沢区桜屋敷512)0197-23-6911
 ※旧 吉小路動物病院

 <一関市>

フレンズ動物病院(岩手県一関市三関神田142−1)0191-21-5700
  
 <遠野市>

愛ラブ動物病院 (遠野市早瀬町4丁目7−30) 0198-62-1700

 <釜石市>

タカサワ動物病院 (釜石市野田町3丁目4−22) 0193-23-1082

 <宮古市>

アトム動物病院 (宮古市津軽石13-389-4) 0193-67-3993

 <滝沢市>

いわね動物病院(滝沢市滝沢字室小路468)019-601-4255
  
むとう動物クリニック(滝沢市鵜飼字狐洞6-1)019-684-1233

 【販売店・ご協力店】

 <盛岡市>

きくち生花店 (盛岡市月が丘3丁目47-1) 019-641-7859

ドッグサロン ブランムーン (盛岡市松園3丁目16-1.) 019-663-8484

ちいさな野菜畑(盛岡市三ツ割鉢の皮36-23) 019-661-7170

盛岡動物霊園 (盛岡市向中野字鶴子56) 019-635-5942

お茶の渡辺園(盛岡市青山3丁目20−12)019-646-6283

理容ひまわり(盛岡市みたけ4丁目18−15)019-641-1334

スパゴ(SPAGO)(盛岡市本町通1-8-21トーカンキャスティール上の橋)019-651-1911

 <矢巾町>

矢巾町役場・JA窓口(矢巾町大字南矢幅)019-697-2111

 <花巻市>

おいものせなか(岩手県花巻市上小舟渡166-2)0198ー22-7291

るんびにい美術館(岩手県花巻市星ヶ丘1丁目21-29)0198-22-5057
    開館時間10:00~16:30  定休日:水曜日・第4火曜日定休

~~~~~~~~~~~~~~~~~
会では、保護します犬猫は、「生死にかかわる緊急レスキュー」の犬猫ばかり。
一旦保護しました犬猫は里親(新しい飼い主)さんが決まるまで、「終身保護」を行っています。

貰い手が見つからない・・・
病がひどいから・・・
高齢過ぎて介護が必要だから・・・

里親(飼い主)さんが見つかりませんこは
「終身預かりさんのおうち」や施設で、天寿を迎えますまで、保護をしますよ。

生死に関わる「緊急レスキュー」も急増中です。
日々保護します子猫やママ猫・成犬の
健康診断・ノミダニの駆虫・ワクチン接種・不妊手術・・・

会の保護犬猫たちの治療費・ワクチン代・手術費用は、
少ない月で100万円前後。
重症の子の手術が重なりますと200万を超える月も多い実情です。

会を支援してくださる獣医さんの「ボランティア」特別料金・・・お安い筈なんですが
保護数も多く、カレンダーや写真集・クリアファイルの売り上げが
保護犬猫の生命を救う大切な医療費(資金)となりますよ。

「動物愛護精神を育む活動」の一環として
毎年1000冊を県内の小中学校へ、
各クラス1冊贈呈活動も、8年目になります。
今年も、県内の小中学校の各クラスへ1冊ずつ
新年から愛用していただけますように
年内にお届けします。
(お届けする学校は、毎年変わります)

今年は、発足17年目。
保護した犬猫も4800匹を超えました。

地方の小さなボランティア団体ですが、
1匹1匹・・・地道に
1匹でも多くの小さないのちを繋ぐため
一層努力してまいります。

受注も、発送も、全てボランティアさんに
頑張っていただいております。

行き届かない点も多々ございましょうが
皆で、誠心誠意、一生懸命お届けしたいと思います。

今年は、春から、、施設の200匹の犬猫に加え、
高齢一人暮らしの飼い主さんの死亡!入院!入所!等による
シニア犬猫の保護依頼が急増しています。
台風10号激甚被害は・・・愛猫愛犬の身にもふりかかりました。
里親(飼い主)さんを探している
保護子猫&まま猫・犬が常時100匹・・減りません;;。

譲渡が決まり
嬉しくほっとして施設に戻りますと・・・
譲渡した数を、はるかに超える保護犬猫が・・・。
日々、追いかけっこのような状態です。

冬を前に、多頭飼育・・・、緊急レスキューの成犬猫の保護を急ピッチで進めています。

施設は365日、年中無休。
保護犬猫200匹のお世話は
少数精鋭の本当に少ないボランティアさんに託し

春から11/3までは、
1匹でも多く里親さんのもとへと
ほぼ毎週末、ボランティアさん総出で
岩手県内各地での出前「ふれあい譲渡会」を行ってきました。

おかげさまで、犬も猫も里親さんのもとへ
次々とご縁をいただくことができました。

ご支援いただきます皆さま
物資やご寄付、ボランティアさん
家族に迎えてくださる里親(飼い主)さんのお陰です。
心から、感謝申し上げます。

冬将軍は、例年より早く到来!もうすぐ白い雪が野山を覆います。
保護犬猫たち300匹が、
温かく安心して里親さんを待っていることができますように
良いお正月を迎えることができますように
来年の保護犬猫の治療費用のめどを目標に
2017オリジナルカレンダー・写真集・2017オリジナルクリアファイルの販売を行います。

皆様のお求めを心からお願い申し上げます。

~~~~~~~~~~~~~~
【冬号の会報】11/16から順次発送中!
猫の20匹・・・40匹・・大量レスキューが途切れません・・
例年以上の引き取り保護の状態となっています。
雪が降る前に1匹でも多くと、急ピッチでのレスキューを行っております。

合わせて、10月施設周辺で猫の重大感染症が発症し、
施設へは感染症の持ち込みがなかったものの、発症先で2次感染が出てしまいました。
潜伏期間中は、予防対策として猫関係者は、感染拡大予防のために、活動を全面停止しております。
事務スタッフは、全員「猫」を預かっています。感染予防のため、施設出入り禁止です。

事務室も、消防署からの指示で、診療所へ引っ越ししましたが
荷物をほどく暇もないような状態での保護が続いています。
新規の入会申込書や住所お名前変更連絡も、荷物に入っておりますが
感染症予防のため事務スタッフが、箱を開けることもままなりません。
事務スタッフも総出で保護に回っておりますので、事務作業が大幅に遅れています。

今回の会報は、旧住所・旧姓で届きましたらどうぞこのような事情です。
本当に申し訳ありません。深くお詫び申し上げます。

会報が届かない!
お名前の変更、ご住所の変更等、もし会報が2通届きましたらどうぞお知らせください。

お電話(家☎)とお名前で登録させていただいております。
お名前の文字が、どこかを少し間違えて入力、違っているかと思います。

橋・
・渡・渡
子・
・藤
松村村松
等々・・・

お手数をおかけして申し訳ありませんが
お知らせをいただけますようにどうぞよろしくお願いいたします。

※ 会報は、会費を納入いただいております会員さんへ
報告する会の活動報告です。
届きました会報を写メで写しての、不特定多数への拡散や
ツイッター等への拡散はご遠慮下さいね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
続きを読む
15 : 11 : 22 | お知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) | ≪ トップへ ≫
【年内最終!譲渡会の御案内】12/24(土)・12/25(日)はJR小岩井駅前駐車場に集合!
2016 / 12 / 10 ( Sat )
みよちゃん1
☆12月わんにゃんふれあい定例譲渡会&施設見学会
会場:当会の保護施設・診療所2階(雫石町内)
日時:2016年12月24日(土)12月25日(日) 
集合:各2回開催します。
 1回目 13:00~13:10集合
 2回目 15:00~15;10集合   
集合場所:JR小岩井駅前の西側駐車場(郵便局側)
  集合時間に、施設から「黄色い旗」をもってお迎えに行きます。
  受付が済みましたら、アンケートを記入下さいね。
  集合時間すぎましたら、施設へ移動ご案内します。
※ 施設では直接受付しません。 必ず集合場所で受付をお願いいたします。
※ 仔犬(8/1生まれ)4頭も里親さん募集中です。
毎月第2・第4の土曜日・日曜日が定例譲渡会ですよ。
年度内最後の譲渡会です。
来年は2017/1/14-1/15から譲渡会を開催します。
冬場から春までは、寒さをしのいで「当会施設での屋内での譲渡会」になりますよ。
屋内開催ですから、ご希望のわんちゃん猫ちゃんを抱っこできます。
どうぞクリスマスお正月にはご縁の子と一緒に迎えて下さいね。

平日は「譲渡担当スタッフ(無償ボランティア)がおりません」
「施設は保護施設。犬猫は治療中・人なれ練習中です(すぐに譲渡できる状態の犬猫がとても少ないです)」
仔猫や子犬は個人宅(一時預かりボランティアさん)におりますよ。
どうぞ譲渡会へいらして下さいね。
フードや使用済タオル等物資の寄付もうれしいです。当日会場へお願いいたします。
 ・譲渡費用は無料です。
 ・飼育に必要なお品は各自準備下さいね。   
 ・子猫達は保護・預かり先からたくさん参加します。(猫は、完全室内飼いが条件です)
ーーーーーーーーーーーーー
年末年始のお休みのお知らせ
2016/12/31(土)~2017/1/3(火)は施設はお休みになります。

ーーーーーーーーーーーーー
トップのお写真は高齢の猫好き夫妻がご飯だけ与えて増やしてしまった「40匹ファミリーレスキューの三毛猫みよちゃん」です。
現在里親さん募集中!
ーーーーーーーーーーーーー
今後の譲渡会の予定(誰でも参加OK ご予約は不要です)
JR小岩井駅前駐車場集合・1日2回開催します
屋内での開催になります。犬猫と実際にふれあってご縁の子を迎えて下さいね。
12/4(日) 13;00~13;10・15;00~15;10終了しました(^^)
12/10(土)13;00~13;10・15;00~15;10終了しました(^^)
12/11(日)13;00~13;10・15;00~15;10終了しました(^^)
12/18(日)13;00~13;10・15;00~15;10終了しました(^^)

12/24(土)13;00~13;10・15;00~15;10
12/25(日)13;00~13;10・15;00~15;10
2017/1/14(土)13;00~13;10・15;00~15;10
2017/1/15(日)13;00~13;10・15;00~15;10
※会場の駐車場が狭いです。ご家族1台でおいで下さいね。
~~~~~~~~~~~~~
台風10号(2016/8/30)被災地の猫達が里親さんを募集中です!
当会では、預かりさんを募集してお待ちしていましたが
甚大な被害のため、飼育が困難!引き取って!との依頼がたくさんきました。
泥水を全身に被って、瀕死の状態の子も多く、治療に専念させてきましたが
皆元気を取り戻しました。
シニアの子もおりますが、1歳にならない猫も多く保護しています。
施設で、新しい里親さんとのご縁を待っています。

どうぞ、被災地の保護犬猫たちを家族に迎えてあげて下さいね。
~~~~~~~~~~~~~~~~
犬猫のフード等今必要なお品は、Amazonに掲載しお願い中です!
Amazonへはこちらから→ 「Amazon(アマゾン)
※ Amazon 右上の「欲しいものリスト」の、「欲しいものリストをみつける」→名前またはメールアドレスを入力する「動物いのちの会いわて」を入力して検索してくださいね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
僕達に「猫フード・猫砂」をありがとうございます
2016-11-11虹の家捨て猫
僕達は、6匹兄弟姉妹猫💛
ある日・・・某福祉施設の近くに段ボール箱に入って捨てられてしまったにゃ;;
施設は人間の福祉関係だけど・・・猫の僕たちは、迷惑なだけ・・;;
経営者の人が捨て先を探して、連れてなんていけない!「僕たちを引き取りに来い!」って怒鳴っていたんにゃ;;💛

僕たち・・・殺されるのかな・・

箱に入って連れて行かれたんだ;;
病院で健康診断をしてもらって、温かいお部屋に連れてきてもらったよ(^^)
点滴やお薬をもらって治療してもらったにゃ
ご飯もミルクも貰って元気になったよ
ままにゃにはもう会えないけど・・
でももう大丈夫にゃ!

今ね、兄弟みんなでプロレスの特訓中にゃ
相手にケガさせない様に!咬みすぎないように!💛

同じお部屋の猫達は、少しずついなくなって・・他の子がくるんだよ
家族ができたんだって!

いいにゃ・・・今度は僕達の番にゃ!
きっと素敵な里親さんがお迎えに来てくれるって信じているにゃ💛
僕たちに病院の費用や、猫砂、仔猫用フードをありがとうございますにゃ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
会員さん募集中!
任意ですがどうぞ「会員さん」になって会の保護犬猫たちを支えてくださいね
・保護犬猫達の生活費・フード代金・治療費用・ワクチン・不妊代金等は、会員さんからの「年会費3000円」で賄っています。 
当会では、譲渡する犬猫にかかった治療費用等を里親さんに負担いただくことはありません。
当会のように費用負担を戴かない団体は、全国でもほとんどありません。
お家に迎える猫や犬は、他の誰かの「会費」で保護した犬猫ですよ。

ほとんどの愛護団体では、譲渡する動物にかかった、医療費(健康診断・駆虫費用・風邪・ケガ等手術等の治療費)やフード等の諸経費を負担し、里親さんには、譲渡する子にかかった最低限の費用!「ワクチン代・不妊手術代」を実費負担していただくところがほとんどです。そのように里親さんに費用負担いただいても、犬を保護し里親さんがみつかるまでにかかる金額は「1頭あたり平均5万円」という目安が、全国各地の保護団体さんのこれまでの活動によりでています。(アニマルドネーションさんの調査結果より) 
当会も例外ではありません。緊急レスキューの犬猫たちは、治療費だけでもとても高額・・1匹10万円を超えるこも多い実情です。
譲渡時の「費用負担が無料!」!は、活動を理解いただき、支えて下さる会員さんご支援者様のご尽力のおかげです。

譲渡に関する費用はいただきません、
当会代表を始め、譲渡スタッフは、他に仕事(会社員等)をもつ、ボランティア(無給)手弁当、かかるガソリン代金等の交通費は自己負担です。会社の年次休暇をとり、休日を返上してボランティア(無給)活動をしています。
保護施設でのお世話スタッフは「有償スタッフ(パート)!」です。 瀕死の状態で保護されてくる保護犬猫の安定した看病お世話のためには、一定のスタッフ(パート)・人件費(最低賃金を厳守しています)が必須です。
保護犬猫の高額な治療費用、保護施設も「借家」家賃の支払い、光熱水費の支払い、ごみ処分料も事業所扱いで有料です。
2016/10月の治療費は、1病院だけで60万円を超えました・・・;;

・・・保護活動はタダでは運営できません。
 
次に保護されてくる子のためにもぜひ「会員さん」になって会の活動を支えて頂けますようお願いいたします

「年会費3000円」は、保護猫1匹の1回のワクチン代金相当になります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
個人で保護した猫の参加も受付中
 参加の条件は、下段に詳細をご覧くださいね。 
 近隣で子猫や成猫を保護されている方、一緒に貰い手を探してあげましょう。
 「抱っこができて、お外へは出さない!飼育方法の猫」が参加の条件です。
 参加する場合は、ワクチン等の接種、成猫は避妊手術・ウィルス検査。
 譲渡会参加の前に「HPでの里親さん募集」が必要です。
 当日いきなりの持ち込みはできません。 ご注意くださいね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「無責任飼い主0(ゼロ)宣言!」
会では、「無責任飼い主0(ゼロ)宣言!」(環境省)指導に沿い譲渡しております。
譲渡費用は「無料」ですが、「飼育環境等整った方」への譲渡になります。
会では、飼育環境等が整いません場合や、飼育条件等にあいません場合は、「お断り」させてだいております。
いったん譲渡しましても、譲渡時のお約束違反の場合はお返しいただきます。ご了解をお願いいたします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
譲渡費用等
・譲渡に関わる費用は「無料」です。
・譲渡は先着順ではございませんのでご了承願います。 
  同日申込・飼育環境等が同じ場合は、先着順になります。
・実際に一緒に暮らすご家族みな様で会いに来て下さいね。
  アレルギー等心配な場合は、実際に抱っこしたり触ってみると、くしゃみや目の周りがかゆい・目が赤くなったりするのでわかりますよ。
迷子札(首輪)は必ず着用・・・当日注文・実費をいただきます(@600 @1050円:送料消費税込)。
  譲渡当日から1か月前後が一番逃がしやすい時期です。 
  譲渡時には「当会の迷子札」を着用しています。
  (後日、当会の迷子札・迷子首輪は必ず返却願います。)
飼育に必要なお品は各自準備下さいね。  
  猫(キャリー・猫砂・猫トイレ・爪とぎ・フード・お皿等)
  犬(クレート・リード・首輪・ペットシーツ・サークル等犬種による) 
 ※譲渡が決まった場合は、必ずお連れ帰り用の キャリー(かご)・クレートをお持ちくださいね。
   猫用は、会でお譲りできるキャリー(かご)も準備してあります。
   (実費をいただきます:体重~5kg用 ・税込2500円)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●譲渡方法
① 「里親さんアンケート」をご記入の上、飼育環境等についての面談・面接。
② 「アンケート審査(書類)OKの方」は、譲渡会・施設で犬・猫と実際にお見合い♥。
③ お見合いで「面談・面接」等OKの方は、その後に譲渡(トライアル)になります。
 ※ 犬は、何回か会いに来てふれあってからの譲渡になります。
④ 「誓約書」=正式譲渡書類等にご記入手続きいただきます。
⑤ トライアルの場合は、1週間~2週間ご自宅でお泊りをして実際に飼育可能かどうか判断いただきます。
 「大丈夫一緒に暮らしていける」場合は、正式譲渡に。
 「思った以上に大変・・・難しい」場合は、お戻し下さいね。
  
猫は当日から譲渡OK。 犬は迎える準備が出来次第OK。
後日のお迎えは平日でもOK(予約)です。  
                        
● 飼育環境等が整った方へ譲渡します。
当会では、「環境省」の指導、「動物愛護法」を順守して、譲渡しています。
飼育環境等が整いません時や、依頼主さんからの飼育条件に合いません場合は,、譲渡を「お断り」する場合があります。 
募集内容に明記してありますのでご覧下さい。    
飼育環境等が整いました場合は、いつでも譲渡いたします。 
                         
 例 (今回は、譲渡できない場合)     

・ 引越の予定がある(これからペット可住宅に引越します!等)
・ 転職・転勤の可能性がある
・ これから結婚する・出産する・妊婦さんがいる
・ 病気治療中・ご家族に体調の悪い方がいる
・ 仕事が忙しい(犬猫のお留守番の時間が長い)
・ 受験生がいる・現在求職中等でストレスが多い
・ 生活保護を受けている等 経済状況が不安定
・ その子の募集内容(条件)に沿わない場合
・ 当日アレルギー症状が出てしまった・・・

●申込者が犬猫を飼う「本人」であること。(代理の方への譲渡は行いません)   
  (お名前・ご住所等、ご本人を確認できる書類を拝見させていただきます。)
●犬猫を飼育する本人(申請者)が20歳以上・犬猫を飼育できる収入があること。
  ※本人(申込者)が60歳以上の場合や単身の場合は別途条件があります。
●犬猫を飼育可能な環境でペット可の住宅にお住まいの方。(貸家等・ペット飼育可の契約書等を提示下さい)
   猫は「完全室内飼い」。  
   犬は犬種等により「屋外」・「屋内」と募集要項に記載の通り。      
●犬猫の逃亡・脱走防止対策をして下さる方(マイクロチップ・迷子札等着用、脱走防止用柵の設置等)  
 譲渡後に逃がした場合は、迅速に捜索等(迷子チラシ・必要な費用等の負担)ができる方。
●犬猫を飼うことについて、家族全員が同意していること。
●万一、結婚や引越し、老人ホーム入所、死亡等で犬猫が飼えなくなった場合、「代わりに飼育できる人」がいること。
  ※本人(申込者)が60歳以上の場合、単身の場合は別途条件有り。
●必要な医療行為を受けて下さり、愛情をかけて「終生飼養」をしていただける方。
   必ず不妊(避妊・去勢)手術をし、毎年混合ワクチンをします。
  ( 高齢・健康上等理由でDr.ストップの場合を除く)           
●仔犬は、1日6時間以上お留守番させない方。 
●犬は市町村へ「新規登録」をお願い致します。 
 (個人情報保護のため、既に登録済の犬の場合でも、元の飼い主さんがわからないよう、新しい飼い主さんは、「新規で登録」して下さい)
●トライアル(お試しお泊まり 1週間~2週間)
 実際に飼育してみて様子を確認していただくシステムです。
・保護犬猫は人の気持ちにとても敏感です。 
トライアルできるから・・・  いつでもキャンセルできるから・・・等と安易に考えているのでしたら、トライアルは犬猫の「人を信頼し愛する心」を傷つけますのでご遠慮させていただきます。
  この子を家族に迎えるぞ!!
  ・・・だけど、なかなか先住の犬猫に馴染んでもらえない;;
  ・・・家族にアレルギーが見つかった・・・;;
  ・・・想像以上にお世話が大変だった・・・;; 
こんな場合のための「トライアル制度」です、無理せずにお戻し下さい。
・仔猫・仔犬の場合は、「先住犬猫」がいる場合のみ、1週間に限ります。
・成猫・成犬は、なじむために、その子の性格にもよりますので、少し長めのトライアルもOKです。
「正式譲渡」後でも、数年後に飼育が困難になった・・・
上記のような場合は、他へ勝手に譲渡せずに一旦会へお戻しください。

●面談・面会と正式譲渡の時には
 「譲渡会」か「保護施設の開所時間内(11:00~15:00)」までに来ていただける方。 
※成犬は、何度か実際に犬に面会にきて、犬とコミュニケーションをとってもらえる方。
※その他の譲渡条件になりますのでご覧ください。
・仔猫・仔犬は原則「岩手県内在住の方」。(移動時間が仔猫・仔犬の負担にならないように)
・成猫・成犬は岩手県内・隣県市町村にお住まいの方(移動時間が犬猫の負担にならないように)            
● 譲渡後は、「1ヶ月後の報告はがき」と 「不妊(避妊・去勢)手術終了報告はがき」を提出いただきます。              
● 譲渡後の「困った・・・」には、「逃がしてしまった・・」「様子が変・・!どうしたらいいの・・・」「飼育面での困った・・・」等、飼育経験豊富な、犬の訓練士・動物愛護飼養管理士(ペットアドバイザー)等が一緒に悩み解決に応じています。 
● 譲渡後の家庭訪問等で、飼育のお約束「誓約書」に違反する場合は、即時お戻しいただきます。 
 ・犬猫に苦痛を与える飼い方をしている場合。 
 ・猫を家の中外自由に飼っている。
 ・犬を外へつなぎっぱなし、フンが散乱している。
 ・犬を屋内飼育、ベランダへ置きっぱなし、日よけや寒さ防止策も行っていない。
 ・理由なくワクチンや不妊手術・治療を行わない等。  
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ここからHP訪問してね(クリックすると訪問できますよ)
仔犬の里親さん募集中⇒ http://inochiiwate.blog59.fc2.com/blog-category-2.html

成犬の里親さん募集中⇒ http://inochiiwate.blog59.fc2.com/blog-category-3.html

仔猫の里親さん募集中⇒ http://inochiiwate.blog59.fc2.com/blog-category-4.html

成猫の里親さん募集中⇒ http://inochiiwate.blog59.fc2.com/blog-category-5.html
 
犬猫の「保護場所」を確認くださいね
  ◎施設 (岩手県雫石町の当会保護施設におります) 
  ◎一時預かり家庭 (岩手県内の当会の預りボランティアさんのおうち)
  ◎依頼主さん (岩手県内の現在の飼い主さんのおうち) 
  ◎保護主さん (迷子等で保護した岩手県内の個人のおうち)
~~~~~~~~~~~~                
当会は、「動物愛護団体」です。「ペットショップ」のようにいつでも好きな時に行けば、欲しい子がもらえるわけではありません。
譲渡可能な犬猫の多くは、個人の預かりボランティアさん(無給)や保護された方がそのまま預かっておられます。
譲渡担当スタッフは、皆仕事(会社員等)を持ちながらのボランティアです。
「譲渡会以外の日に」保護施設へ急においでいただきましても御希望の子には会えませんし、譲渡もすぐにはできません。
会社の年次をすぐに貰って対応できるスタッフ(無給)もおりません。

どうぞ譲渡会にいらして実際に犬猫とふれあい
ご縁の子に巡り合って下さいね。

譲渡会には、HP未掲載の子も、参加します。
HP掲載中の犬猫の参加につきましては事前に確認下さい。

会の犬猫は、「ご縁の子達」ですよ。
HPで、気に入った犬猫がおりましたら
どうぞ、早めに事前予約をくださいね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
土日はお仕事で・・・譲渡会には行くことができない方に!
先に「里親さんアンケート」で、飼育環境等の確認を!
書類審査がOKでしたら、HP掲載のご希望の子と譲渡会以外の日に面談できますよ。
「猫の預かりさん」の日程と「譲渡担当スタッフ(無給)」と日程調整して面談日をお知らせします。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 施設訪問(見学・ご寄付等)は、必ず「事前に予約」をお願いします!
犬や猫が飼いたい!ほしい!
すぐに譲渡ができる状態の犬猫は施設にはとても少ないのです。
「今日はお休みだから・・・」「近くまで来たから」等、いきなりの施設訪問の場合は、当日の犬猫の介護やお世話にも支障が出ます。

「ペットショップ」ではありません。 犬猫の「保護(治療)施設」です

すぐに譲渡できる子の多くを「個人の預かりボランティアさんのお家に」お願いしております。
現在里親さん募集中の子は、全てHP「里親さん募集中」に掲載しております。 どうぞサイトをご訪問くださいね。
当会では毎月第2土日・第4土日が定例譲渡会です。
当日は、HP未掲載の犬猫もたくさん参加します。
譲渡会はご予約不要ですよ。ご家族皆さまでおいで下さいね。

当会「保護施設」は岩手県雫石町にあります。
世の中は、犬猫好きの方と同じくらい「犬猫嫌いの方」がおられます。
ニュースでは、毎日のように全国で犬猫の虐待のニュースが流れています。
犬猫とボランティアさんの安全のため「住所非公開」にご理解とご協力をお願いいたします。

施設の見学時間は「11時から15時まで」 必ず事前に予約をお願いいたします
譲渡会以外の日でも、ご見学はいつでも受け付けています。
どんなふうに過ごしているのかな。 どうぞ「予約」をしてからおいで下さいね。
人手が不足の時ほど、案内スタッフが少しその場を離れた時に、不測の事故の可能性が増えます(咬まれた;;吠えられてびっくりしてけがをした;;猫に引っかかれた;;等)、怪我をされますと、病院の付き添いも・・・。保護犬猫と人の安全のため、「見学の事前予約」にご理解とご協力をお願いいたします。

フード等の施設への直接寄付は、事前に連絡下さいね!
「11:00-15;00」
上記の時間帯は、犬猫たちも食後でおなかがいっぱい(^^)
180匹わんにゃんずが大歓迎させていただきます。
施設は広く、介護の必要な犬猫ばかり!朝夕は180匹の食事とトイレの掃除・犬の散歩で大忙しです。
スタッフは数名!てんてこ舞いです。すぐに作業の手を離せない場合も多いです。
どうぞ、前日までに、訪問日と時間帯をお知らせくださいね。
----------------------------------------------------------
「動物いのちの会いわて」は、2000年から16年間で4600匹余の命をつないできました。
岩手県内を中心に活動する任意の動物愛護団体です。 当会には、上部団体(県内外含)も、支部等(県内外含)もございません。
唯一独自、県内で唯一「岩手県の地元のボランティアによる保護施設を抱える動物愛護団体」ですよ。
「動物いのちの会いわて」は2009年夏に矢巾町から雫石町に完全転居いたしました。旧施設の場所は、住宅地になっています。ご注意願います。
-----------------------------------------------------------
≪里親情報・アンケートに関するお問い合わせ等は≫  
会の犬猫は、「ご縁の子達」ですよ。
HPで、気に入った犬猫がおりましたらどうぞ、早めに事前予約をくださいね。
お見合いは、譲渡会の日(開催時間前)にお会い戴くことになります。

譲渡会で気に入った子を探したい♥場合は
当日アンケートご記入お願いします。

アンケート取り寄せ → アンケート審査OK → 譲渡会でのお見合い

アンケートは、パソコンメール(プロバイダーメール)・電話FAX・郵送になります。

メールか「夜間専用電話」へ申し出をお願いたします。

メール申込先: [ inochinokai@gmail.com ]
  いただいたメールにお返事ができない場合がございます。   
  ☆ メールの受診設定をお願いします。
  (ドコモ携帯は、パソコンメールの受信拒否設定になっています。→必ず「gmail.com」の受信設定をお願いいたします)
電話fax申込先:019-691-1771(fax専用)
里親募集 専用電話 080-741-3602(18:00~20:00)
 inochinokai@gmail.com
  ※ 夜間電話の時間帯は、ごめんなさい;;車で移動中が多いです。お手数をおかけしますが「メッセージ」を残して、10分後    にもう一度お電話くださいね。  駐車スペースに移動して電話を受けられるようにお待ちします。
~~~~~~~~~~~~~
【物資等のご寄付のお願い】
たくさんの保護犬猫たち・・・
一口でも食べさせてあげたい! 今必要なものは何ですか?
ご支援の申し出をありがとうございます。
今必要なお品は、Amazon(アマゾン) 「欲しいものリスト」でお願いしております。
楽天のショップさんのお品もお願いしています。
◎アマゾン:「ほしい物リスト」 ⇒ ページ右上の「ほしい物リストをさがす 」から「動物いのちの会いわて」を検索してくださいね​
サイトへはこちらから → 「Amazon(アマゾン)」 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
続きを読む
15 : 22 : 22 | 終了しました | トラックバック(0) | コメント(0) | ≪ トップへ ≫
【譲渡会のご案内】12月第2・第4土曜日と毎週日曜日!JR小岩井駅前に集合!(年末年始は施設はお休みです)
2016 / 12 / 01 ( Thu )
DSC_0400.jpg
☆12月わんにゃんふれあい定例譲渡会&施設見学会
会場:当会の保護施設・診療所2階(雫石町内)
日時:2016年12月18日(日) 
集合:2回開催します。
 1回目 13:00~13:10集合
 2回目 15:00~15;10集合   
集合場所:JR小岩井駅前の西側駐車場(郵便局側)
  集合時間に、施設から「黄色い旗」をもってお迎えに行きます。
  受付が済みましたら、アンケートを記入下さいね。
  集合時間すぎましたら、施設へ移動ご案内します。
※ 施設では直接受付しません。 必ず集合場所で受付をお願いいたします。
※ 仔犬(8/1生まれ)4頭も里親さん募集中です。(※ワクチン接種済みました、面会はアンケート審査済んだ方!)
毎月第2・第4の土曜日・日曜日が定例譲渡会ですよ。
12月は、毎週日曜日に緊急譲渡会を開催しています。
冬場から春までは、寒さをしのいで「当会施設での屋内での譲渡会」になりますよ。
屋内開催ですから、ご希望の猫ちゃんを抱っこできます。
どうぞご縁の子をご家族に迎えて下さいね。

平日は「譲渡担当スタッフ(無償ボランティア)がおりません」
「施設は保護施設。犬猫は治療中・人なれ練習中です」「施設には、すぐに譲渡できる状態の犬猫がとても少ないのです」
すぐに譲渡できる状態の犬猫の多くは個人宅(一時預かりボランティアさん)におりますよ。
どうぞ譲渡会へいらして下さいね。
フードや使用済タオル等物資の寄付もうれしいです。当日会場へお願いいたします。
 ・譲渡費用は無料です。
 ・飼育に必要なお品は各自準備下さいね。   
 ・子猫達は保護・預かり先からたくさん参加します。(猫は、完全室内飼いが条件です)
ーーーーーーーーーーーーー
トップのお写真は東日本大震災の仮設住宅で生き抜いてきた茶トラの夫婦猫です。可愛い赤ちゃんと親子3匹でで保護されました。とても信頼し愛情あふれる親子の姿にきっと心打たれることでしょう。とても穏やかな甘えん坊さんですよ(^^)現在里親さん募集中!
ーーーーーーーーーーーーー
今後の譲渡会の予定(誰でも参加OK ご予約は不要です)
JR小岩井駅前駐車場集合・1日2回開催します
屋内での開催になります。犬猫と実際にふれあってご縁の子を迎えて下さいね。
12/4(日) 13;00~13;10・15;00~15;10終了しました(^^)
12/10(土)13;00~13;10・15;00~15;10終了しました(^^)
12/11(日)13;00~13;10・15;00~15;10終了しました(^^)

12/18(日)13;00~13;10・15;00~15;10
12/24(土)13;00~13;10・15;00~15;10
12/25(日)13;00~13;10・15;00~15;10
※会場の駐車場が狭いです。ご家族1台でおいで下さいね。
~~~~~~~~~~~~~
緊急!! 台風10号被災地への支援をお願いいたします
緊急にご寄付をお願いいたします。当会経由で届けます。

10/3 岩泉に支援に入りました。当会は、今後も定期的に支援に入ります。
家は全壊;; でも家の中をかたずけるための「軍手」「ごみ袋」等は、
「近所のお店の売り上げに影響するから、支援物資をもらわずに、自分で購入するように!」
と言われて、収入のめどすらなくなった中、自分で購入しているそうです;;

9/29で岩泉町の住民351人が、町内と隣の田野畑村の避難所での生活を余儀なくされています。
被害額はこれまでに道路や堤防を中心におよそ1400億円に上り、さらに増える見通し「激甚被害!」です・・・
家は、1階も2階も水につかって・・住めるような状態ではないのです・・・
被災に関する物資も、「貰うのが申し訳ない;;」と遠慮し躊躇している・・・ような地域柄です。

犬猫は、皆さん家の中と外を自由にのんびり飼っておられます。
うちの猫も、被災した近所の猫も同じ! わけ隔てなく、フードを与えていますよ。
犬猫用のフードが全く支援がない!
特に「猫用」がなく!とても困っています!!

「犬猫用のフード」
被災地の皆さんには「軍手」「ゴム手袋」「ホッカイロ(貼るタイプ)」「丈夫なごみ袋(45リットル)」「ファブリーズ(脱臭剤)を!

冬が近いです。
冬用の綿入りの暖かいジャンバーをお願いします。
伺った先の皆さんは、「綿入れ」を着て、頑張っておられます。
高齢者用の「ジャンバー(クリーニング済の物)」が欲しい!
切実なお願いです!

どうぞ、ご支援ご寄付をいただけますようにお願いいたします。

被災地の方に喜んでもらうためには!
 ・ 「必要と言われたお品」だけを箱詰めお願いします!
当会での仕分け作業が簡単になりますので、とても助かります。
あれもこれも・・・と必要と書いていないお品を一緒に詰めない事!
物資の仕分けが一番人手が必要で大変なんです。
これが、現地で「すぐに役に立つ寄付!」一番うれしい方法ですよ。

※ 必要だとお願いしているお品だけ(軍手・ホッカイロ・ごみ袋・脱臭剤・ジャンバー等冬物衣類)を「箱につめて」送ってください。
当会ボランティア(無償)さんが仕分けをして、支援に入るときに直接お届けします。

被災地の犬猫へのフードや、軍手等Amazon欲しいものリストでもお願い中です
~~~~~~~~~~~~~~~~
犬猫のフード等今必要なお品は、Amazonに掲載しお願い中です!
Amazonへはこちらから→ 「Amazon(アマゾン)
※ Amazon 右上の「欲しいものリスト」の、「欲しいものリストをみつける」→名前またはメールアドレスを入力する「動物いのちの会いわて」を入力して検索してくださいね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
会員さん募集中!
任意ですがどうぞ「会員さん」になって会の保護犬猫たちを支えてくださいね
・保護犬猫達の生活費・フード代金・治療費用・ワクチン・不妊代金等は、会員さんからの「年会費3000円」で賄っています。 
当会では、譲渡する犬猫にかかった治療費用等を里親さんに負担いただくことはありません。
当会のように費用負担を戴かない団体は、全国でもほとんどありません。
お家に迎える猫や犬は、他の誰かの「会費」で保護した犬猫ですよ。

ほとんどの愛護団体では、譲渡する動物にかかった、医療費(健康診断・駆虫費用・風邪・ケガ等手術等の治療費)やフード等の諸経費を負担し、里親さんには、譲渡する子にかかった最低限の費用!「ワクチン代・不妊手術代」を実費負担していただくところがほとんどです。そのように里親さんに費用負担いただいても、犬を保護し里親さんがみつかるまでにかかる金額は「1頭あたり平均5万円」という目安が、全国各地の保護団体さんのこれまでの活動によりでています。(アニマルドネーションさんの調査結果より) 
当会も例外ではありません。緊急レスキューの犬猫たちは、治療費だけでもとても高額・・1匹10万円を超えるこも多い実情です。
譲渡時の「費用負担が無料!」!は、活動を理解いただき、支えて下さる会員さんご支援者様のご尽力のおかげです。

譲渡に関する費用はいただきません、
当会代表を始め、譲渡スタッフは、他に仕事(会社員等)をもつ、ボランティア(無給)手弁当、かかるガソリン代金等の交通費は自己負担です。会社の年次休暇をとり、休日を返上してボランティア(無給)活動をしています。
保護施設でのお世話スタッフは「有償スタッフ(パート)!」です。 瀕死の状態で保護されてくる保護犬猫の安定した看病お世話のためには、一定のスタッフ(パート)・人件費(最低賃金を厳守しています)が必須です。
保護犬猫の高額な治療費用、保護施設も「借家」家賃の支払い、光熱水費の支払い、ごみ処分料も事業所扱いで有料です。
2016/10月の治療費は、1病院だけで60万円を超えました・・・;;

・・・保護活動はタダでは運営できません。
 
次に保護されてくる子のためにもぜひ「会員さん」になって会の活動を支えて頂けますようお願いいたします

「年会費3000円」は、保護猫1匹の1回のワクチン代金相当になります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
個人で保護した猫の参加も受付中
 参加の条件は、下段に詳細をご覧くださいね。 
 近隣で子猫や成猫を保護されている方、一緒に貰い手を探してあげましょう。
 「抱っこができて、お外へは出さない!飼育方法の猫」が参加の条件です。
 参加する場合は、ワクチン等の接種、成猫は避妊手術・ウィルス検査。
 譲渡会参加の前に「HPでの里親さん募集」が必要です。
 当日いきなりの持ち込みはできません。 ご注意くださいね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「無責任飼い主0(ゼロ)宣言!」
会では、「無責任飼い主0(ゼロ)宣言!」(環境省)指導に沿い譲渡しております。
譲渡費用は「無料」ですが、「飼育環境等整った方」への譲渡になります。
会では、飼育環境等が整いません場合や、飼育条件等にあいません場合は、「お断り」させてだいております。
いったん譲渡しましても、譲渡時のお約束違反の場合はお返しいただきます。ご了解をお願いいたします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
譲渡費用等
・譲渡に関わる費用は「無料」です。
・譲渡は先着順ではございませんのでご了承願います。 
  同日申込・飼育環境等が同じ場合は、先着順になります。
・実際に一緒に暮らすご家族みな様で会いに来て下さいね。
  アレルギー等心配な場合は、実際に抱っこしたり触ってみると、くしゃみや目の周りがかゆい・目が赤くなったりするのでわかりますよ。
迷子札(首輪)は必ず着用・・・当日注文・実費をいただきます(@600 @1050円:送料消費税込)。
  譲渡当日から1か月前後が一番逃がしやすい時期です。 
  譲渡時には「当会の迷子札」を着用しています。
  (後日、当会の迷子札・迷子首輪は必ず返却願います。)
飼育に必要なお品は各自準備下さいね。  
  猫(キャリー・猫砂・猫トイレ・爪とぎ・フード・お皿等)
  犬(クレート・リード・首輪・ペットシーツ・サークル等犬種による) 
 ※譲渡が決まった場合は、必ずお連れ帰り用の キャリー(かご)・クレートをお持ちくださいね。
   猫用は、会でお譲りできるキャリー(かご)も準備してあります。
   (実費をいただきます:体重~5kg用 ・税込2500円)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●譲渡方法
① 「里親さんアンケート」をご記入の上、飼育環境等についての面談・面接。
② 「アンケート審査(書類)OKの方」は、譲渡会・施設で犬・猫と実際にお見合い♥。
③ お見合いで「面談・面接」等OKの方は、その後に譲渡(トライアル)になります。
 ※ 犬は、何回か会いに来てふれあってからの譲渡になります。
④ 「誓約書」=正式譲渡書類等にご記入手続きいただきます。
⑤ トライアルの場合は、1週間~2週間ご自宅でお泊りをして実際に飼育可能かどうか判断いただきます。
 「大丈夫一緒に暮らしていける」場合は、正式譲渡に。
 「思った以上に大変・・・難しい」場合は、お戻し下さいね。
  
猫は当日から譲渡OK。 犬は迎える準備が出来次第OK。
後日のお迎えは平日でもOK(予約)です。  
                        
● 飼育環境等が整った方へ譲渡します。
当会では、「環境省」の指導、「動物愛護法」を順守して、譲渡しています。
飼育環境等が整いません時や、依頼主さんからの飼育条件に合いません場合は,、譲渡を「お断り」する場合があります。 
募集内容に明記してありますのでご覧下さい。    
飼育環境等が整いました場合は、いつでも譲渡いたします。 
                         
 例 (今回は、譲渡できない場合)     

・ 引越の予定がある(これからペット可住宅に引越します!等)
・ 転職・転勤の可能性がある
・ これから結婚する・出産する・妊婦さんがいる
・ 病気治療中・ご家族に体調の悪い方がいる
・ 仕事が忙しい(犬猫のお留守番の時間が長い)
・ 受験生がいる・現在求職中等でストレスが多い
・ 生活保護を受けている等 経済状況が不安定
・ その子の募集内容(条件)に沿わない場合
・ 当日アレルギー症状が出てしまった・・・

●申込者が犬猫を飼う「本人」であること。(代理の方への譲渡は行いません)   
  (お名前・ご住所等、ご本人を確認できる書類を拝見させていただきます。)
●犬猫を飼育する本人(申請者)が20歳以上・犬猫を飼育できる収入があること。
  ※本人(申込者)が60歳以上の場合や単身の場合は別途条件があります。
●犬猫を飼育可能な環境でペット可の住宅にお住まいの方。(貸家等・ペット飼育可の契約書等を提示下さい)
   猫は「完全室内飼い」。  
   犬は犬種等により「屋外」・「屋内」と募集要項に記載の通り。      
●犬猫の逃亡・脱走防止対策をして下さる方(マイクロチップ・迷子札等着用、脱走防止用柵の設置等)  
 譲渡後に逃がした場合は、迅速に捜索等(迷子チラシ・必要な費用等の負担)ができる方。
●犬猫を飼うことについて、家族全員が同意していること。
●万一、結婚や引越し、老人ホーム入所、死亡等で犬猫が飼えなくなった場合、「代わりに飼育できる人」がいること。
  ※本人(申込者)が60歳以上の場合、単身の場合は別途条件有り。
●必要な医療行為を受けて下さり、愛情をかけて「終生飼養」をしていただける方。
   必ず不妊(避妊・去勢)手術をし、毎年混合ワクチンをします。
  ( 高齢・健康上等理由でDr.ストップの場合を除く)           
●仔犬は、1日6時間以上お留守番させない方。 
●犬は市町村へ「新規登録」をお願い致します。 
 (個人情報保護のため、既に登録済の犬の場合でも、元の飼い主さんがわからないよう、新しい飼い主さんは、「新規で登録」して下さい)
●トライアル(お試しお泊まり 1週間~2週間)
 実際に飼育してみて様子を確認していただくシステムです。
・保護犬猫は人の気持ちにとても敏感です。 
トライアルできるから・・・  いつでもキャンセルできるから・・・等と安易に考えているのでしたら、トライアルは犬猫の「人を信頼し愛する心」を傷つけますのでご遠慮させていただきます。
  この子を家族に迎えるぞ!!
  ・・・だけど、なかなか先住の犬猫に馴染んでもらえない;;
  ・・・家族にアレルギーが見つかった・・・;;
  ・・・想像以上にお世話が大変だった・・・;; 
こんな場合のための「トライアル制度」です、無理せずにお戻し下さい。
・仔猫・仔犬の場合は、「先住犬猫」がいる場合のみ、1週間に限ります。
・成猫・成犬は、なじむために、その子の性格にもよりますので、少し長めのトライアルもOKです。
「正式譲渡」後でも、数年後に飼育が困難になった・・・
上記のような場合は、他へ勝手に譲渡せずに一旦会へお戻しください。

●面談・面会と正式譲渡の時には
 「譲渡会」か「保護施設の開所時間内(11:00~15:00)」までに来ていただける方。 
※成犬は、何度か実際に犬に面会にきて、犬とコミュニケーションをとってもらえる方。
※その他の譲渡条件になりますのでご覧ください。
・仔猫・仔犬は原則「岩手県内在住の方」。(移動時間が仔猫・仔犬の負担にならないように)
・成猫・成犬は岩手県内・隣県市町村にお住まいの方(移動時間が犬猫の負担にならないように)            
● 譲渡後は、「1ヶ月後の報告はがき」と 「不妊(避妊・去勢)手術終了報告はがき」を提出いただきます。              
● 譲渡後の「困った・・・」には、「逃がしてしまった・・」「様子が変・・!どうしたらいいの・・・」「飼育面での困った・・・」等、飼育経験豊富な、犬の訓練士・動物愛護飼養管理士(ペットアドバイザー)等が一緒に悩み解決に応じています。 
● 譲渡後の家庭訪問等で、飼育のお約束「誓約書」に違反する場合は、即時お戻しいただきます。 
 ・犬猫に苦痛を与える飼い方をしている場合。 
 ・猫を家の中外自由に飼っている。
 ・犬を外へつなぎっぱなし、フンが散乱している。
 ・犬を屋内飼育、ベランダへ置きっぱなし、日よけや寒さ防止策も行っていない。
 ・理由なくワクチンや不妊手術・治療を行わない等。  
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ここからHP訪問してね(クリックすると訪問できますよ)
仔犬の里親さん募集中⇒ http://inochiiwate.blog59.fc2.com/blog-category-2.html

成犬の里親さん募集中⇒ http://inochiiwate.blog59.fc2.com/blog-category-3.html

仔猫の里親さん募集中⇒ http://inochiiwate.blog59.fc2.com/blog-category-4.html

成猫の里親さん募集中⇒ http://inochiiwate.blog59.fc2.com/blog-category-5.html
 
犬猫の「保護場所」を確認くださいね
  ◎施設 (岩手県雫石町の当会保護施設におります) 
  ◎一時預かり家庭 (岩手県内の当会の預りボランティアさんのおうち)
  ◎依頼主さん (岩手県内の現在の飼い主さんのおうち) 
  ◎保護主さん (迷子等で保護した岩手県内の個人のおうち)
~~~~~~~~~~~~                
当会は、「動物愛護団体」です。「ペットショップ」のようにいつでも好きな時に行けば、欲しい子がもらえるわけではありません。
譲渡可能な犬猫の多くは、個人の預かりボランティアさん(無給)や保護された方がそのまま預かっておられます。
譲渡担当スタッフは、皆仕事(会社員等)を持ちながらのボランティアです。
「譲渡会以外の日に」保護施設へ急においでいただきましても御希望の子には会えませんし、譲渡もすぐにはできません。
会社の年次をすぐに貰って対応できるスタッフ(無給)もおりません。

どうぞ譲渡会にいらして実際に犬猫とふれあい
ご縁の子に巡り合って下さいね。

譲渡会には、HP未掲載の子も、参加します。
HP掲載中の犬猫の参加につきましては事前に確認下さい。

会の犬猫は、「ご縁の子達」ですよ。
HPで、気に入った犬猫がおりましたら
どうぞ、早めに事前予約をくださいね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
土日はお仕事で・・・譲渡会には行くことができない方に!
先に「里親さんアンケート」で、飼育環境等の確認を!
書類審査がOKでしたら、HP掲載のご希望の子と譲渡会以外の日に面談できますよ。
「猫の預かりさん」の日程と「譲渡担当スタッフ(無給)」と日程調整して面談日をお知らせします。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 施設訪問(見学・ご寄付等)は、必ず「事前に予約」をお願いします!
犬や猫が飼いたい!ほしい!
すぐに譲渡ができる状態の犬猫は施設にはとても少ないのです。
「今日はお休みだから・・・」「近くまで来たから」等、いきなりの施設訪問の場合は、当日の犬猫の介護やお世話にも支障が出ます。

「ペットショップ」ではありません。 犬猫の「保護(治療)施設」です

すぐに譲渡できる子の多くを「個人の預かりボランティアさんのお家に」お願いしております。
現在里親さん募集中の子は、全てHP「里親さん募集中」に掲載しております。 どうぞサイトをご訪問くださいね。
当会では毎月第2土日・第4土日が定例譲渡会です。
当日は、HP未掲載の犬猫もたくさん参加します。
譲渡会はご予約不要ですよ。ご家族皆さまでおいで下さいね。

当会「保護施設」は岩手県雫石町にあります。
世の中は、犬猫好きの方と同じくらい「犬猫嫌いの方」がおられます。
ニュースでは、毎日のように全国で犬猫の虐待のニュースが流れています。
犬猫とボランティアさんの安全のため「住所非公開」にご理解とご協力をお願いいたします。

施設の見学時間は「11時から15時まで」 必ず事前に予約をお願いいたします
譲渡会以外の日でも、ご見学はいつでも受け付けています。
どんなふうに過ごしているのかな。 どうぞ「予約」をしてからおいで下さいね。
人手が不足の時ほど、案内スタッフが少しその場を離れた時に、不測の事故の可能性が増えます(咬まれた;;吠えられてびっくりしてけがをした;;猫に引っかかれた;;等)、怪我をされますと、病院の付き添いも・・・。保護犬猫と人の安全のため、「見学の事前予約」にご理解とご協力をお願いいたします。

フード等の施設への直接寄付は、事前に連絡下さいね!
「11:00-15;00」
上記の時間帯は、犬猫たちも食後でおなかがいっぱい(^^)
180匹わんにゃんずが大歓迎させていただきます。
施設は広く、介護の必要な犬猫ばかり!朝夕は180匹の食事とトイレの掃除・犬の散歩で大忙しです。
スタッフは数名!てんてこ舞いです。すぐに作業の手を離せない場合も多いです。
どうぞ、前日までに、訪問日と時間帯をお知らせくださいね。
----------------------------------------------------------
「動物いのちの会いわて」は、2000年から16年間で4600匹余の命をつないできました。
岩手県内を中心に活動する任意の動物愛護団体です。 当会には、上部団体(県内外含)も、支部等(県内外含)もございません。
唯一独自、県内で唯一「岩手県の地元のボランティアによる保護施設を抱える動物愛護団体」ですよ。
「動物いのちの会いわて」は2009年夏に矢巾町から雫石町に完全転居いたしました。旧施設の場所は、住宅地になっています。ご注意願います。
-----------------------------------------------------------
≪里親情報・アンケートに関するお問い合わせ等は≫  
会の犬猫は、「ご縁の子達」ですよ。
HPで、気に入った犬猫がおりましたらどうぞ、早めに事前予約をくださいね。
お見合いは、譲渡会の日(開催時間前)にお会い戴くことになります。

譲渡会で気に入った子を探したい♥場合は
当日アンケートご記入お願いします。

アンケート取り寄せ → アンケート審査OK → 譲渡会でのお見合い

アンケートは、パソコンメール(プロバイダーメール)・電話FAX・郵送になります。

メールか「夜間専用電話」へ申し出をお願いたします。

メール申込先: [ inochinokai@gmail.com ]
  いただいたメールにお返事ができない場合がございます。   
  ☆ メールの受診設定をお願いします。
  (ドコモ携帯は、パソコンメールの受信拒否設定になっています。→必ず「gmail.com」の受信設定をお願いいたします)
電話fax申込先:019-691-1771(fax専用)
里親募集 専用電話 080-741-3602(18:00~20:00)
 inochinokai@gmail.com
  ※ 夜間電話の時間帯は、ごめんなさい;;車で移動中が多いです。お手数をおかけしますが「メッセージ」を残して、10分後    にもう一度お電話くださいね。  駐車スペースに移動して電話を受けられるようにお待ちします。
~~~~~~~~~~~~~
僕達に「猫フード・猫砂」をありがとうございます
10_2016100411430215c.jpg
僕は、黒猫(スモーク)”あっしゅ”💛” 表面は漆黒なんだけど・・・毛の内側はグレーなんだよ💛
3兄弟の末っ子にゃ! お兄ちゃんたちは、もう里親さんが決まったんだよ。
僕は・・・後ろ足指をケガして・・・毎日治療頑張ってきたにゃ!
車のボンネットが暖かいから・・隠れていたら
エンジンかかって・・あっという間に、足の指先が飛んで行ったんだ;;
痛くて・・・怖くて・・・お熱に苦しんだんだよ;;
点滴やお薬をもらって治療してもらったにゃ

足の指は1本・・・もうないにゃ;;

でももう大丈夫にゃ!
かけっこは素早くて、”疾風のあっしゅ!”って呼ばれてるにゃ💛
猫タワーだってささっとてっぺんまで登っちゃうんだよ💛
今ね、プロレスの特訓中にゃ
相手にケガさせない様に!咬みすぎないように!💛

今度は僕の番にゃ!
きっと素敵な里親さんがお迎えに来てくれるって信じているにゃ💛
僕たちに猫砂や、仔猫用フードをありがとうございますにゃ
※ お写真向かって右側が黒猫あっしゅちゃん。
一時預かりボランティアさん(無給)のお家に、3兄弟でお世話になりました。
一緒にフードを食べているのは、仲良し仔猫のぴゅーたちゃん、セナちゃん、ラブちゃんですよ。
※黒猫アッシュ君は仲良しお兄ちゃん猫セナ君と同じお家に!
ぴゅーた君は、小さな人間の姉弟の弟分として!里親さんが決まりました。
ラブちゃんは里親さん募集中です。

【物資等のご寄付のお願い】
たくさんの保護犬猫たち・・・
一口でも食べさせてあげたい! 今必要なものは何ですか?
ご支援の申し出をありがとうございます。
今必要なお品は、Amazon(アマゾン) 「欲しいものリスト」でお願いしております。
楽天のショップさんのお品もお願いしています。
◎アマゾン:「ほしい物リスト」 ⇒ ページ右上の「ほしい物リストをさがす 」から「動物いのちの会いわて」を検索してくださいね​
サイトへはこちらから → 「Amazon(アマゾン)」 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
続きを読む
19 : 02 : 02 | 終了しました | トラックバック(0) | コメント(0) | ≪ トップへ ≫
犬・猫の保護と里親さん募集について(会の基本的な考え方とお願い)2016/4/25
2016 / 12 / 01 ( Thu )
ねねママと四つの命
「動物いのちの会いわて」は動物愛護管理法「第2種取扱業者」です

法律が変わり、愛護団体でも複数の動物を飼育ている場合は許可が必要になりました。
当会は動物愛護管理法を遵守し運営しています。
多すぎる数の保護は、「動物虐待」と判断され、法律違反となり処分の対象になります。
現在、1匹でも多く・・・と、収容できる数(キャパ)ギリギリ・・・まで保護を行っています。
1匹譲渡できたら、空きの順番をまって貰っている次の1匹をようやく保護できる現状です。
空きを待っていただいている犬猫も100匹を超えています。
保護施設があるからと言って、好きなだけドンドン保護できるわけではありません。
施設は保護犬猫たちの「最後の砦」
絶対「登録取り消し」「業務停止命令」を受けてはならないのです。
施設継続が保護犬猫達のいのちをつなぎます。
どうしても助けてほしい!緊急!
鼻水や目ヤニが出ている!交通事故等で負傷!していたら、動物病院に先に連れて行って下さい。
元気そうに見える赤ちゃん子猫も動物病院での健康状態の確認が先ですよ。
感染病等あれば、施設の他の犬猫の命にもかかわります。
自己判断での「当会の施設」へ直接持ち込みはお断りしています。
緊急レスキューは必ず事前に連絡・相談を下さいね。

ご家庭事情等は、タイムリミットギリギリになる前にご相談下さい。

今日明日の引き取りや、連絡なく直接の持ち込み等は保護数を超え、法律違反になりかねませんので当日の引取りは難しいです。施設は「多頭飼育保護」。犬猫のワクチン等済ませ、感染の危険性のない、緊急性の高い犬猫から保護を行っています。
ご理解とご協力をお願いします。

※平成25年9月1日より施行。改正動物愛護管理法
 飼養施設を設置して営利を目的とせず一定数以上の動物の取扱いを行う場合については、第二種動物取扱業者(動物の譲渡し、保管、貸出、訓練、展示を非営利で業として行う者)として、都道府県知事や政令市の長に届け出なければなりません。
登録を受けた動物取扱業者には、動物取扱責任者の選任及び都道府県知事等が行う研修会の受講が義務づけられています。また、都道府県知事又は政令市の長は、施設や動物の取り扱いについて問題がある場合、改善するよう勧告や命令を行うことができ、必要がある場合には立入検査をすることができます。悪質な業者は、登録を拒否されたり、登録の取消や業務の停止命令を受けることがあります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「動物いのちの会いわて」は、

・自分で保護した犬猫に貰い手を見つけてあげたい・・・
・交通事故で瀕死の猫・・・個人では費用も高額・・
  でも助けてあげたい!
・保健所で殺処分寸前の犬猫を1匹でも助けたい!
・適正な飼育をして犬猫を飼ってもらいたい!

こんな気持ちの人たちが集まり
力を合わせて活動を行っている団体です。


会ですぐに保護します犬猫は
・生死にかかわる緊急レスキュー
・保健所からのレスキュー

だけになります。

日々、重症緊急レスキューの子ばかり・・・保護が続いています。

個人で保護した犬・猫や、
飼い犬・猫の、引き取りは難しいのですが
「もとの飼い主さんをさがす!」
「里親さん(新しい飼い主さん)をさがす募集のお手伝い」や
保護に必要な「ケージやキャリーの貸し出し」をお手伝いしています。
いつでもご連絡をくださいね。

※ 会では緊急レスキューのあまりの悲惨な状況に立ち尽くし・・・対処するだけでスタッフは必死です。
何度も何度も現場を訪問し、関係者と協議、協力しながらのレスキューを行っています。
凄惨な現場やレスキューの実態を、皆様に伝えることは躊躇してきましたが、見ていただきたい「現実」がここにあります。
動物たちの置かれた実情を少しでもお伝えし、どのようにしていけば良いのかを皆であらためて考える一助になりますように願い掲載します。


1_20161206013106ddf.jpg
↑高齢一人暮らしの飼い主さんが急病で倒れ・・亡くなってしまいました。11匹の猫達が誰もいなくなった家で、フードの仕送りを受けながら施設への保護を待っています・・。
40匹
↑100歳に近い高齢のご夫妻が、餌だけ与えて猫を増やしてしまいました;;約40匹・・・ウィルス検査をし、不妊手術とワクチンを接種して1匹ずつ保護しています。フードの仕送りで命をつないでいます。
1_20160404024627120.jpg
↑2016/4/2 生後7日目、片方の目がようやく開きかけた赤ちゃん猫を緊急保護。脱水状態で目やにもひどく心配しました。保護して2日目、自分からミルクを上手に飲んでくれるようになりました。2時間おきの授乳排泄のお世話を、会の一時預かりさんにお願いしています。無事の成長を願ってくださいね。会では法律を遵守し、生後2か月過ぎからの里親さん募集を行います。ご予約は受け付けておりません。飼育経験者さんの「ミルクボランティア」さん募集中です。   ↓みるくを飲んだら大満足💛。身づくろいも愛らしいです。見てあげてくださいね。


怪我しているネコ3
↑2016/3/31右前脚を負傷して今にも取れてしまいそうになっている白猫の男の子を緊急レスキュー。1週間の手術入院中です。

DSC_0298.jpg
DSC_0293.jpg
↑2016/2/18交通事故で保護された大きなおめめの子猫ちゃん。全身が骨が浮き出る位にやせ細って・・・ガリガリ・・・です。血液検査をしましたら、エイズキャリアでしたよ。綺麗なお目目には何も見えません。全く目が見えない子です。”寿々ちゃん”は今、施設のケージの中で上手にトイレをし、栄養改善をしながら里親さんを待って暮らしています。

11.jpg
↑2016/2/9盛岡市みたけで保護。全身衰弱、栄養失調、あごがずれ、鼻から出血、ノミ、しらみ多数でした。とても人になれていますので、もともとは飼い猫と思われます。食事をとれずに衰弱。力尽きて交通事故にあったと思われます。背中の肉がほとんどない骨川筋衛門状態です。現在点滴栄養を続けながら体力回復を待ち今後の治療計画を立てる予定です。あごのずれで歯がかみ合いませんので手術が必要かも知れません。 この子に治療費用のご寄付をお願いいたします。→頭の中に出血して、鼻から血が流れ出ています。入院治療中です。

自分で保護(拾った)した犬猫を、すぐに引き取ってくれる・・・
飼えなくなった飼い犬猫を、いつでも引き取ってくれる・・
犬や猫の「引取団体」ではありません。


ご自身で保護した犬や猫は、ご自身で里親さんが見つかるまで
預かって保護してあげて下さいね。
会では、「動物愛護法」「環境省の飼育基準」にそって、犬や猫の「里親さん探し」をお手伝いします。

飼い犬・猫(飼い犬や飼い猫の生んだ子)の場合は、
ご自身で貰い手を探しても見つからなかった場合・・のみ里親さん探しをお手伝いしています。
引取は行っておりません。

引取ができない理由
保護施設があるから・・
きっとすぐに引き取ってもらえる・・と考えて
お連れ頂く方もおられますが
施設では、今以上の保護は困難な実情です。

施設には、病やけがで治療を必要とする犬猫ばかり。
保護数は猫は180匹、犬は20頭、通路までケージを置いて
上限まで保護し、通院治療を受けさせています。

今、当会からのフードの仕送りを受けながら、空きを待っている犬猫たちが80匹強!
緊急性の高い子から順に保護しています。

動物愛護法が改正になり、保護団体は、「所轄保健所へ登録」が必用です。
不適正な飼育は、保健所の管理指導が入り、保護ができないのです。

施設のスペースの関係上、180匹を超える猫の保護は
過密な状態=「動物の虐待」になり、
所轄の保健所から是正の指導が入ります。
そこで、上限を超えないように、個人の「預かりボランティア」さんに保護をお願いしています。
保護した方が預かるのも、会で保護するのも、費用面以外はなんら変わりはありません。
ご自宅で保護する場合はかからない費用、家賃や光熱水費・人件費等・・・が、
会で保護します場合には必要になるのです。

常時250匹~300匹を超える犬猫を保護し、会を運営しますには高額な費用がかかります。
医療費・施設家賃・光熱水費・車両維持費・ガソリン代・雑費・通信費・・・・・
代表を始め運営スタッフは「全員無給」ですが、
お世話スタッフだけは「賃金を払っています」
保護犬猫の健康管理上、最小数の「有償スタッフ(パート)」を中心に介護やお世話をお願いしています。
毎月300万円前後が会の運営費用です。フード等の沢山のご寄付のおかげでこの金額で治まっております。
「保護犬猫1匹あたり毎月約1万円+通常医療費+緊急レスキュー医療費」
支援病院さんだからと言って「無料ではありません!」

全額「会費」や「支援者さまからの御寄付」「支援獣医さんの多大なご支援」「カレンダー・フリマの売り上げ」
そして・・・さらに不足分は「運営スタッフ個人からの多額の借入金・・・・」。
個人の善意だけで賄っています。
公的な寄付や補助金は全く受けていません。
愛護団体ですが、保護にかかる費用は「ただ(無料)」ではありません。

個人で保護しました犬猫や
自分の飼い犬猫については、無責任な丸投げ、押し付けではなく
ご自身の保護責任・飼育責任を果たして下さいね。

施設では、保護犬・猫を、1匹譲渡できましたら
新しい子を1匹保護できる・・という状態です。

そこで、事故等の緊急レスキュー・保健所からの犬・猫を優先して保護しています。

施設には、仔猫やママ猫の保護場所すら確保できない実情です。
施設の180匹の他に、100匹を超える親子犬猫達は
全て
「個人の預かりボランティア」さんのお家と
犬猫を「保護された方」のお家に
飼育をお願いしています


会の犬・猫の預かりボランティアさんはとても少なく・・
「誰か預かって欲しい」と御希望を戴きましてもすぐには手配できません。
施設保護犬猫以外の親子犬猫約100匹を、皆で手分けして、協力して預かり中です。
生後3カ月前後の子猫達から順に、里親さんが決まっていますが
決まった先からの保護が続いています。
預かりさんのお住まいは、一ノ関、北上、花巻、遠野、釜石・・そして秋田県・・・
皆、高速道を使っての預り先ばかり。
どこの預かりさんも、ご自身の犬・猫を複数匹飼いながらの「預かりボランティア」、交通費は全額自己負担・・・です。
保護犬猫を1匹でも助けたいと、手弁当でのボランティアです。
このような実情です。
すぐすぐ・・・の対応はできません。
保護した子は自分で・・という覚悟をお願いいたします。

会では、「HP」での里親さん募集と、「譲渡会」を各地で開きながら
毎年360匹をこえる犬猫に新しいお家を見つけ譲渡しています。

助けてあげたいと思う気持ちを応援します。
目の前で、助けを求めている小さないのちです。
どうぞ、本当にあっという間。ほんの少し・・・の間だけですよ。
あなたのお力を貸してあげてくださいね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
003_20151023155026754.jpg
会で里親さん募集をしている猫は
「終生飼養」「完全室内飼い」「適切な医療」を貰い手(里親さん)にお約束頂いています。

そこで、会から譲渡します猫は次の条件を満たしています。

● 会からの猫をもらうのも、捨て猫を拾ったとしても
その猫の病気などのリスクに変わりはありません。
どうぞご理解を戴けますようにお願いいたします。


里親さんは、すでに猫を飼われているおうちが多いです。
新しく行く子はワクチン・駆虫はあたりまえです。
生後7ヶ月にもなれば不妊去勢手術・血液検査(ウィルス検査)を済ませておくことで、色々なトラブルを防ぎます。
発情期は相手を求めて脱走する危険が大きいです。
新しいおうち(里親さん)に行くまでにできるだけ済ませることが望ましいです。

動物病院では、お外(野良)猫の治療をお断りされる場合もございます。
最初に診察治療を引き受けてもらえるかどうか電話での確認をして下さい。
引き受けてもらえる病院が見つからない場合は、当会の支援病院をご紹介します。

 「完全室内飼い (お外へは全く出さない飼い方・脱走防止を)」か「ケージで保護飼養している場合」に限り、
  里親さん募集をお手伝いしています。

◎ 仔猫は
  生後2.5か月(10週過ぎ)、体重1000gを超えていること。

◎ 健康診断と寄生虫検査駆虫を済ませていること
  ノミ・ダニ・シラミの駆虫は済ませてください。  
  体内寄生虫(回虫・原虫・条虫等)は検査駆虫済でも、
  1回の検便では寄生虫の検出ができない場合もありますよ。
  譲渡後のワクチン等の際に再検査をお願いします。

◎ 譲渡会参加の2週間前までに「3種混合ワクチン」を接種すること
  ※ 生後2カ月(8週)体重1000gをめどに接種しましょう。
  ※ 緊急保護の場合を除く。
  ※ ワクチンを打てないほど幼い仔猫は参加できません。
  ※ ワクチンは効果が現れるのに日数がかかりますので直前に打っても参加できません。
   
◎ 成猫の場合、 「ウィルス検査(猫エイズ FIV ・ 猫白血病 FeLV))」を 行って下さい。
(保護後他の猫と接触させないようにして3カ月後に再検査を!)
※ 猫エイズの検査結果は、検査時点から1~2か月カ月前の状態になります。
 エイズに感染して抗体ができるには猫によっても違います。
 1~2か月かかります。それまでの期間は抗体陰性(-)になります。
 抗体陰性(-)でも、感染の可能性がある場合は、保護後、8週後に再検査が必要です。 
 ※ 猫白血病の検査は、3か月以内の検査は陰性(-)と出ることがあります。
 そこで、保護してから3か月過ぎの検査がお勧めです。
 
◎ 飼い主のいないお外猫の子で、母猫がいる場合は、捕獲して
  母猫の血液検査(ウィルス検査)をお願いします。
  母猫を捕まえる為の捕獲器は貸し出ししています・
  母猫は捕獲したら避妊手術をしましょう。
  放置しますと、翌年も仔猫が生れ、苦労が台無し;;同じことの繰り返し・・になりますよ。

◎ 母猫がいない場合の「6ヶ月以上の子猫」は
 「ウィルス検査(猫エイズ FIV ・ 猫白血病 FeLV)」を
してから 里親募集をお手伝いしてします。

 6か月未満の仔猫の場合は正確な結果が出ない可能性が高く、検査は行っていません。

 母猫の抗体は生後3か月位まで残っていますので、生後6か月過ぎに検査をします。
 猫エイズの検査結果は、検査時点から、1~2か月前の状態が出ますよ。
 猫白血病の検査結果は3か月過ぎてから抗体ができます。
 そこで、生後6か月過ぎの仔猫は、保護してから2か月過ぎの検査がお勧めです。
 新しい飼い主さんには、不妊手術の際に検査をお勧めしています。

● 自家繁殖の猫(成猫・仔猫)の里親さん募集は
ご自身の責任で繁殖(増や)した猫です。
貰い手(里親)さんを、先ずはご自身で探す努力をしてくださいね。
4匹の子猫を4匹全てお願いしたい・・・ではお引き受けできません。
どうしても見つけられなかった場合だけ、協力します。

 募集したい猫の健康診断、ワクチン接種等上記条件の他に  
 一緒に飼っている猫全部の 「ウィルス検査(猫エイズ FIV ・ 猫白血病 FeLV)」
 仔猫の場合は、「母猫の避妊手術」が里親さん募集の条件になります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
家庭ネコ「TNTA 活動」を応援してください
東日本大震災で保護した犬猫は、不思議なご縁に導かれ、県内外の里親さんの元へとご縁をいただくことができました。
2011/3/11、6年目を迎えようとしておりますが、本格復興に向かい、さらなる被災地からの保護が続いています。

仮設住宅から災害公営住宅が完成し順に引越し、人々が少しずつ新しい生活を始めています。
しかし・・・仮設住宅周辺で命をつないできた お外猫は、行き場を失い・・・親子兄弟猫での保護依頼が続いています。

2011年東日本大震災では、被災した猫を保護しても、お外猫(野良猫)については、多くの戻すべき町(地域)を失ってしまいました。
そこで当会では、難しいのを承知で、この間、猫を生かす道を模索し実践して来ました。

:Trap保護(捕獲)→:Neuter不妊(避妊・去勢)手術→:Tame人なれ練習→A:Adopt里親さんへ譲渡

TNTA活動」家庭ネコです。

でも・・・当会の保護施設の収容数(キャパ)を超える保護は保健所から指導を受けますのでできません;;。
猫もいろいろ、すぐ慣れてくれる子もいれば、2年…3年・・・かかる子も。
人手も、保護場所も足りません・・・
そこで、助けてあげたい!と願う皆さんに、野生味あふれる猫を人なれさせるコツ・方法を伝授し、
慣れて甘えん坊になった猫から、会で里親さんを募集し譲渡してきました。
時間も人手もかかる取り組みですが、人と猫の共生、幸せを願い、1匹1匹・・・着実に成果を出し、譲渡を重ねてきました。

震災から6年目 本格復興を前に、仮設住宅等の撤去等に伴い、人になれていない野性味あふれる猫達の保護が増えるでしょう。
このままでは、
保健所へ収容→「人になれていない猫=譲渡に適さない猫」→殺処分・・・の道が・・・

猫達に罪はありません。 
お外で生き残るために身に着けた、人を警戒する生き方ですよ。
飼主のいないお外猫の平均寿命は5~6年
飼い猫の平均寿命は15年。長寿の子は22歳にも
1匹でも多くの小さな命を、助けてあげていただけないでしょうか。
「TNTA」にご協力いただける猫の預かりさんになっていただける方を募集中です。

「地域猫(TNR)活動」では解決しない猫の問題

人にならすためのお時間はかかり、地道な取り組みになりますが
皆で小さな命をつないでいきたいと願います。
ご支援をいただけますようお願い致します。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
DSC04791.jpg
「動物いのちの会いわて」は、猫を保護された方を応援しています。
個人で保護した猫の引取は行っておりませんが
里親さんを探すお手つだいを行っています。

ただし、「匿名での相談」には応じておりません。
ご相談は、
フルネーム・住所・電話番号・保護経緯をお知らせください。
(メール・事務所・夜間携帯のみでの対応になります。)
(個人情報を外部に漏らすことはありません)

☆ 保護用の「捕獲機」を貸出しています(1回:7日以内)
  専用のお品です。一般の方への市販はされていません。
  保護する猫を安全に捕獲できます。
  市販品は、有害動物駆除用です。猫がケガをしますよ。

☆ ワクチン・不妊手術・ウィルス検査などの動物病院を紹介します
   ・費用面等での相談にも応じています。
  ※ 誠実な問い合わせを頂けました場合に限ります。

☆ 保護用のケージや猫トイレ、水飲み等、貸出しています。
  数に限りがあります。まずはお問い合わせください。

☆ 飼育相談にも応じています。

当会の譲渡会では、条件が合えば一般の方の保護猫さんの参加もokですよ。
かならず事前に直接お会いして、お話させていただいてからのお申し込みになりますので、
保護猫さんのいる方は、お早めにご連絡くださいね。

参加可能な猫ちゃんは、上記記載のとおり
ウイルス検査済み、ワクチン済み、8ヶ月以上であれば不妊去勢手術済みであること。
他に駆虫・治療が済みで、健康であること。(障害をもつ猫でも治療済ならok)
抱っこやさわれる等、ある程度の人慣れができていること。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2015-10-16-3.jpg
猫を保護したら

① 迷子猫か、飼い主のいない猫なのかわからない;;
 保健所・警察へ迷子猫の「届け出」をします。
 (※ 猫は、渡さないで自分で保護して下さい)
 保護場所近所の「コンビニ」「ごみステーション」「動物病院」へ
 迷子チラシを貼らせてもらい、飼い主を探しましょう。

 2~3日体調をみて、動物病院で健康診断、ワクチン接種をします。
 先住猫などがおります時は、保護猫はケージ保護をお勧めします。

 ※ ワクチン等は、獣医師会加入の動物病院でお願いします。
 動物病院ならどこの病院でも同じでしょ! 
 ・・・そう思っていませんか。
 獣医さんは、ペットを治療することだけが仕事ではありません(獣医師法参照)。
 県獣医師会は、獣医さん達が、力をあわせ、被災時の緊急保護治療や
 狂犬病等のような人や動物達に感染する伝染病の予防をはじめ、
 動物愛護と福祉、野生動物の保護、衛生管理の指導、
 食の安全・安心に直結する食肉検査など幅広い領域にわたり、
 人と動物の共生のために、「社会的な責任」を担い果たしています。 

 大きな問題(口蹄疫・災害時)が起これば協力して解決にあたることもあります。
 動物愛護の周知等、保健所と協力してのイベントに出て飼育指導を行ったり
 負傷した白鳥等、野生動物の保護も担っています。

 このような、ペットの治療以外の、獣医師としては、煩わしい・・・儲けにならない・・責務。
「社会的な責任を果たす獣医さんと、その費用等」は、
 皆、「獣医師会の会員さん」だけが担っています。 
 費用は、その会費から支出されています。
 
 「獣医師会に所属している」=「チームとしての社会的責任」を果たしている強い使命感をもつ獣医師(動物病院)さんとも言えましょう。

 獣医さん個人の力だけでは、どうしても限界があります。
 東日本大震災という未曾有の体験をした当地です。
 一個人では、被災地へ入ることすら困難な中。
 行政・獣医師会・愛護団体がチームを組み、皆で力をあわせ、できることを担いあい、
 結果として、多くの震災被災犬猫の命をつなぐことができました。

 緊急時の対応・公衆衛生・動物愛護等のためには、

 「チームとしての獣医師(獣医師会)が不可欠」だと 痛感させられました。

 当会の活動も、人と動物の共生を目指し、保護した犬猫の命をつなぎ動物愛護の精神を広めています。
 「社会的な責任を担う」志の強い獣医師(動物病院)さん達に「いのちをつなぐ会の活動」をご理解頂き、日々、支えていただいております。
 保護犬猫の譲渡先が県内外、どこになっても、
 その子の治療等を 責任をもって引き継げるように 、
 「社会的な責任を担っている獣医師会加入の動物病院」でのワクチン接種をお願いいたします

 岩手県内獣医師会加入動物病院はこちらから
 ⇒「岩手県獣医師会


 ※ ケージ等必要な場合は貸し出せるものがあります。
 問い合わせくださいね。

② 飼い主さんが現れない・・・
  ご自分では飼えない・・場合は「里親さん(新しい飼い主)」を探してあげましょう。

③ 「動物いのちの会いわて」でも里親さん探しのお手伝いをします。
  個人で里親さんを探す「ネットサイト」もあります。
  ご利用には注意事項を熟読下さいね。焦りは禁物です。
  ネットで里親(貰い手)を見つけたが…トラブルになってしまった;;
  このようなケースが最近急増しています。
  ネットで希望される方が、必ずしも相手が適正な飼育をして下さる方ばかりとは限りません。
  身元を確認する、飼育環境等(お住まい・収入)は大丈夫かを先に確認してから猫を譲渡しましょう!
  いったんご希望者さんの家に連れて行きますと、
  飼育に不安を感じたとしても、その場でお断りして連れ帰ることができる方はいません。
  どんなに悔やんでも・・・、譲渡した子はもう取り戻せませんよ。

  「他の愛護団体」「ネットサイト」等をご利用の際には、
  当会では里親さん募集のお手伝いは行いません。

  もしご希望者様が現れましたときに、里親さんが決まってしまっていますと  がっかりされてしまいます。
  信頼を失ってしまいますよ。
  譲渡に責任が持てませんので、ご理解をお願いします。

                        ↓
「動物いのちの会いわて」に募集を手伝ってもらおうと考えましたら
上記内容がお約束になります。
ご承知の上メールで連絡を下さいね。
 
 inochinokai@gmail.com
  

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
150424_112356.jpg
☆ 犬・猫の「ミルクボランティアさん」「一時預りさん」急募!!
 会の施設は、只今満員満所;;

 生死に関わる緊急レスキューに応えたくても
 保護するスペースがございません。

 保護され、元気になって、
 里親さんを募集中の犬猫や
 迷子保護の犬猫の、保護期間を
 ご自宅で預かっていただけましたら
 瀕死の緊急レスキュー犬猫の要請に応じられます。

 里親さん募集中の保護犬猫を、
 里親(飼い主)さんが決まりますまで
 ご自宅で保護し預り、譲渡会へ連れてきていただける方
 「一時預かり」のお手伝いをお願いいたします。

 お預かりのお願いは急にお願いすることになります。
 必要な物資等は全てお貸し致します。

 犬猫を天寿まで看取ることはむつかしいけれど
 少しのあいだだけなら預かれますよ・・と
 思われましたら、どうかご協力をお願いいたします。

「子猫・仔犬」は犬猫飼育経験者を募集します。
 「成猫」は夫婦共働きでお留守番が長くても大丈夫です。

 小さな命をつなぐお手伝いをどうかお願いいたします。

 問い合わせは
  専用窓口:080-5741-3602(18:00~20:00) 

 ※ 岩手県雫石の施設まで自力で送迎可能な方。
   犬猫の飼育スペース(60cm×45cmのケージ)・ペット可のお住まいの方。
   犬猫の体調が優れないときは、支援動物病院へ通院できる方。 
   携帯電話のメールアドレスをお持ちの方。(連絡はメール中心になります) 
   犬猫の飼育経験者・初心者 大歓迎です。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー  
動物いのちの会いわてからのお話
岩手県内の「保健所(動物愛護センター)」へ出される猫で助かる猫はほとんどいません;;
「動物愛護センター」が全国各地にあります。
名称や、内容説明が不十分なため多くのみなさんは、犬猫を終生飼養し里親を捜してくれる場所と誤解しているようですが、「動物愛護センター」の多くは引き取り収容の多くを殺処分しています
「保健所」でも「動物愛護センター」でも、看板が異なるだけ、収容期限がすぎたら「殺処分」されるのは同じです。
全国的には、むしろ第3セクターのような「動物愛護センター」の方が運用は厳格・・・直ぐに殺処分されています。

「(認定NPO)えひめイヌ・ネコの会」は、愛媛県動物愛護センターの殺処分数が99%にのぼること。そのほとんどが子犬仔猫だと訴えています。
同会HPはこちらから→「http://ehimeinuneko.chu.jp/dogcat/?page_id=113

どこの県でも県外在住者への譲渡は行っていませんし、「保健所」・「愛護センター等の」名称や施設による、殺処分数には大きな差はありません
殺処分数が少ない「保健所」「動物愛護支援センター」は、名称がどちらでも関係がありません。
独自のノウハウを駆使し知恵と力を出し合って、官民一体となって殺処分数を減らす努力をしているのが実情です。

全国の殺処分の状況はこちらから→ 「https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/statistics/dog-cat.html

では、今時の「殺処分数ゼロ」への取り組みとは。
① 殺処分ゼロ5年連続ゼロを迎える千代田区のニュースから
保護活動は「TNR」から「TNTA」へ→ 「http://www.yomiuri.co.jp/life/animal/anews/20160222-OYT8T50039.html

② 前人未到の「犬猫殺処分0」を目指す動物愛護センターの画期的な取り組みから
年間20万匹の犬や猫が殺処分されていることをご存知でしょうか?非常識な飼い主のせいで、殺される罪の無い動物達、そして殺処分しなければならない職員さん達、、。そんな過酷な現実を変えていこうと熊本市動物愛護センターは立ち上がりました。目指せ「嫌われ者」 更新日: 2015年11月25日 → 「http://matome.naver.jp/odai/2137448040786520801

では・・・岩手県の実情をご覧下さい
岩手県は、「盛岡市保健所」と「県保健所」毎に殺処分数が公開されています。

2014年度の犬のデーター(岩手県・盛岡市保健所抜粋)
 盛岡市保健所
 収容し飼い主が見つからない犬は・・・9頭(成犬9頭・内飼い主さんが持ち込んだ犬は2頭)
 殺処分された犬は・・・・・・・・・・   2頭(成犬2頭)
 里親さんが見つかった犬は・・・・ 5頭(内子犬1頭)
    (この数には、いのちの会で引き取った犬達も数に含まれています)
 救命率は、・・・55%・・・です。

 「岩手県の保健所」で
 収容した犬は・・・・・・221頭内飼い主さんが持ち込んだ犬は67頭)
 殺処分された犬は・・・・・・・・・・  94頭
 里親さんが見つかった犬は・・・・127頭
   (この数には、いのちの会で引き取った犬達も数に含まれています)
  救命率は、・・・57.4%・・・です。

2014年度の猫のデーター(岩手県盛岡市保健所合計)
 盛岡市保健所
 収容し、元の飼い主さんが不明・持ち込みの猫とは・・・86匹
 殺処分された猫は・・・・・・・・・・  46匹(成猫1匹・仔猫41匹)
 里親さんが見つかった猫は・・・・ 40匹(成猫28匹・仔猫12匹)
  (この数には、いのちの会で引き取った猫達も数に含まれています)
  救命率は、・・・46.5%・・・です。

 岩手県保健所
 収容した元の飼い主不明・持ち込み猫は・・・1124匹
 殺処分された猫は・・・・・・・・・・  995匹(成猫539匹・仔猫456匹)
 里親さんが見つかった猫は・・・・  129匹(成猫18匹・仔猫111匹)
   (この数には、いのちの会で引き取った猫達も数に含まれています)
 救命率は、・・・11%・・・です。

動物愛護法が改正になり、県内保健所(愛護センター)では、飼い犬・飼い猫は引き取りません。
今までは、飼い主さんが飼い犬・猫を持ち込むケースが半数近くでした。
飼主さんからの持ち込みがなくなった時点で、収容数はほぼ半減したはずです。
では、飼育できない・・・という犬猫はいったいどこへ行ったのでしょう。
飼主さんは、どうしても飼えなくなったら、どうしているのでしょう。

保健所へ収容されてくる犬は、迷子・捨て犬等。
犬は、飼い犬と思われる子ががほとんどです。
どこかに飼い主さんがいるはず・・・なのに、お迎えがないのです。

犬自身に問題がある引き取りの最多理由は、「吼えぐせ」・「咬み癖」・「トイレしつけの失敗」です。
これは、「飼い主さんがしつけを失敗した」からで、犬自体に責任はありません。
飼育方法(しつけ等)の指導、相談も必須重要です。

熊本市動物愛護センターの苦悩が、行くべき方向性を示しています。
職員が努力しても努力しても・・・収容犬猫の待遇をどんなに改善しても、
保健所や愛護支援センターがどんなに立派で、収容頭数が多くても、
貰ってくれる人(里親さん)、預かってくれる人(ボランティアさん)がいなければ・・・
収容する数、キャパをこえたら、殺処分せざるを得ない実情が見えています。

猫も同様です。
猫の引き取り最多理由は、飼い主さんの高齢による飼育困難・未避妊による「多頭崩壊」が群を抜いています。
いずれも、1人当たりの飼育数は 10匹~70匹強・・・と、犬の数の比ではありません。
保健所に飼育が困難だ・・と相談しても、生かすための具体的な支援策は受けられない実情。
飼い猫に不妊(避妊去勢)手術を受けさせれば、今以上には増えません。
「避妊手術への助成金」等の施策も重要です。(去勢手術ではありません)

もう一つは、家賃が高いので、安い「ペット不可の住まい」に引っ越すから・・・という
無責任な飼い主さんの勝手な理由です。
保健所で引き取らなくなった飼い猫は・・・どこへいくのでしょう。

東京千代田区の取り組みが、光となり 行くべき道を示しています。
地域の野良猫は、保護し避妊して人にならし、慣れた子から貰い手を探し託していくこと。
ペット飼育okの住宅を増やし、飼いたい方が責任をもって飼育できるように。
飼える環境を整えることも、殺処分ゼロへつながる道だと確信しています。

「動物いのちの会いわて」でも同じ問題点を抱えています
東日本大震災時点での保護数は、今までの保護数の倍以上でした・・・
保護数が増えれば、お世話する人手も必要です。
伴う諸費用も倍以上・・・でも、被災犬猫への支援は「最初の5か月のフード代金等」だけ・・・でした。
個人の「被災犬猫も保護犬猫へも💛」という御寄付が活動を支えて下さいました。
しかし、今日は8人・・・明日はゼロ・・先の予定が組めない日替わりボランティアだけでは、継続した健康管理・お世話は困難です。

200匹を超える生き物をお世話するためには、毎日一定数の「お世話になれたスタッフ」が必要です。
平日、定期的に無償で通える方はまず・・・いません。
被災し、体調を崩した犬猫達を、きちんとしたケアをするためには、「有償スタッフ(パート)」は必須です。
ボランティア団体だから、無償で運営できる・・ワケではないのです。

運営はボランティアでも、掛かる費用・運営は一般の会社経営と同じです。
家賃・光熱水費・フード・医療費・消耗品等々・・・
重症・負傷犬猫を1匹保護すれば、医療費だけでその子に10万・・・20万円がかかります。
広い施設を維持するための電気代・灯油代だけでも月々20万以上
施設は「事業所」扱いですから、普通のご家庭なら無料のゴミ処理料でも、毎月5万円・・・がかかる現実。
個人で保護するのも、会で保護する場合でも、かかる費用は同じようにかかるのです。

当会では、施設へ保護している犬猫は200匹強 + 個人の預かり先等へ約100匹前後。毎月平均300匹前後の犬猫を保護しています。
「1匹10,000円の生活費」+「フード代金」+「通常の医療費」+「緊急レスキュー医療費」が必用です。
御寄付の物資(フード・消耗品等)の他に毎月300万円前後が必要
です。
費用(物資)を集められなければ・・・直ぐに保護犬猫たちが路頭に迷ってしまいます。
応援してくださる「会員さん」とご寄付をくださる「ご支援者様」の善意が会の保護犬猫のいのちをつないでいます。
オリジナルグッズ・フリマ等の販売などで、自分たちで、集められる資金が少しでも多ければ多いほど、運営は安定し、継続した取り組みができます。
~~~~~~~~~~~~~
地域ネコ(TNR)活動から「TNTA」活動へ
お外猫(野良猫)については、2011年東日本大震災で
被災した猫を保護しても、多くの戻すべき町(地域)を失ってしまいました。
そこで、難しいのを承知の上で、猫を活かす道を模索し実践して来ました。

:Trap保護(捕獲)→:Neuter不妊(避妊・去勢)手術→:Tame人なれ練習→A:Adopt里親さんへ譲渡

家庭ネコ「TNTA活動」です。

しかし・・・保護施設の収容数(キャパ)を超える保護は「過密状態は虐待!」となり、できません。
猫もいろいろ、すぐ慣れてくれる子もいれば、2年…3年・・・かかる子も。
人手も、保護場所も足りません・・・
そこで、助けてあげたい!と願う皆さんに、野生味あふれる猫を人なれさせるコツ・方法を伝授し、
慣れて甘えん坊になった猫から、会で里親さんを募集し譲渡してきました。
時間も人手もかかる取り組みですが、人と猫の共生、幸せを願い、1匹1匹・・・着実に成果を出し、譲渡を重ねています。

譲渡に際しましては、犬猫は「生きているおもちゃ」ではありません。
小さくても「こころ」をもった生き物ですよ。
飼主さんと離れますことは、とても辛く悲しいことですよ。
一度辛い思いをして、当会施設へたどり着いた子です。
家族に迎えたらその子を愛し、天寿を看取っていただきたい。
欲しければ誰にでも差し上げます・・・。
飼えなくなったらいつでも引き取ります・・・。
モノ・・ではありませんから、「こころ」を無視した譲渡はできません。

犬や猫は皆「オンリーワン」
性格もそれぞれです。 世界中にその子しかいませんよ。
もらいたい犬猫と、実際に飼育することができる犬猫はご家庭によって違いますよ。
こんな考えから、ペットアドバイザー(動物愛護飼養管理士)や飼育経験豊富なスタッフが
家族構成やお住まい等飼育環境に合わせた犬種や猫のお勧め、具体的な飼育方法の説明、住宅への工夫等。
保護犬猫と里親さんとの「マッチング」を重視した譲渡を行っています。

「犬のしつけ教室」は、犬をよく知り家族として終生暮らすために
飼主さん」に覚えて欲しいことを、学んでいただいています。
(犬に覚えてほしいことではありませんよ)

飼育できなくなった・・・相談も急増しています。
個別に相談に応じ、できるだけ現在の飼い主さんが飼い続けられるように手だてを考えます。
難しい場合は、新しい飼い主さんのもとへ、譲渡の道をお手伝いしています。

譲渡が決まりました後も、飼育相談、病の対応等
譲渡した子が天寿を迎えますまで、息の長いケアを行っています。

これは、「一愛護団体」だけでは難しいことです。
行政、獣医さん、心あるボランティアさんの力も合わせ、周囲の理解を広く得ていかなければなりません。

今、小さな命を救う方法は、飼い主さんが飼育責任を全うすること。
飼育できない・・・不幸な命を増やさないようにすること。
飼えなくなったら、譲渡する道を、手を差し伸べること。
飼育できない犬猫を、捨てない!ようにすること。

「保健所」「愛護支援センター」へ収容してからではなく
「収容させない!ため」に、前段の取り組みがより重要だと考えています。

お外猫は、保護し、避妊・去勢手術をし、人にならして、里親さんに託していくこと。
重要なのは、「今以上に不幸な命を増やさないこと」ではないでしょうか。

県内各保健所は、老朽化がすすみ、動物愛護法改正前の、
殺処分を前提とした、収容施設、生かし譲渡するための設備ではありません。
全国各地で老朽化した施設の建て替えに向けた模索が続いています。
全額公的資金ではなく、寄付金で補おう!知事さんの旗振りで!
全国から新しい取り組みとして注目を浴び、賛否両論が渦巻く中
芸能人の協力をえて、建設費用13億円をあつめる取り組みもスタートしました。
3年間で3億円の寄付をあつめたい。
しかし・・・初年度(2015)の寄付は、経費を除くと・・400万円・・・でした。 
神奈川県平塚市の「動物愛護センター建て替え」の取り組み・動画に151万円 広報紙に1234万円かけ… 県動物保護センター 建設寄付募集→ 「http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/list/201512/CK2015122302000158.html

ハード面も重要ですが、そろそろ、支えるソフト面にも費用や時間を使っていく時期ではないでしょうか。
十数億もの費用を費やしてセンターを一つ建てる・・・
皆がつぎつぎと・・・不要な犬猫をどんどん持ち込む。
収容頭数が多くなればなるほど、運営費も高額になります。
保健所でほかの業務と兼務でいた職員も、専従になります。
収容頭数が増えれば、新たなスタッフも必要になります。
毎年、数億単位での維持管理・人件費・運営費が必要になってくるでしょう。
今の岩手県や盛岡市が、寄付金等を集めて、運営、維持可能かどうかも検討すべきです。

寄付金が、こちらへ集中しますと、寄付で運営している小さな愛護団体等は、即日活動に窮することになるでしょう。
殺処分を「是」としない愛護団体も多いです。 芽を摘むことにならないでしょうか。

希望通りの愛護支援センターが完成したとしても、「熊本市愛護支援センター」の実情を見ますと、職員たちは、努力を重ね、やるべき手立ては尽くしています。

「殺処分ゼロ」実現は、保健所(愛護支援センター)へ犬猫を持ち込まないようにする
持ち込ませないための「前段の取り組み」が重要
ではないでしょうか。

持ち込まれた場合は、譲渡を増やしていくための周囲の社会全体への働きかけが必要です。
どのように運営していけばいいのか。
PRしていけばいいのか。市民を巻き込んでいけばいいのか。
スタッフや皆の知恵と工夫、地域社会の理解を広め深めることが保護された動物の命運をわけます。
避妊費用の助成や、飼育できる環境住まいを増やすように周知促進する。
預かり、しつけをしてくれるボランティアさんを増やす等。

少子高齢化が急速に進む岩手県。
県財政の蓄えも、使い果たし・・・残りわずかです・・・
岩手県内の人口も震災後、激減・・・しています。
空きの公的施設活用も考慮に入れる等。
あるものを有効活用する事も考えにいれ、皆で知恵を絞っていかなければならない時期です。

「動物愛護支援センター」が新しくなってよかった よかった!
終わり・・・ではないのです。
ボランティアさんや理解者を増やし、飼育ができる体制を整える。
社会が広く理解を深め、できることから手を貸してくれる人を増やす事がこれからはより重要ではないでしょうか。

今一度現実をご覧ください。
全国の殺処分数の実態→「https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/statistics/dog-cat.html」 
続きを読む
12 : 11 : 22 | お知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) | ≪ トップへ ≫
【譲渡会のご案内】11/26.11/27はJR小岩井駅前に集合!
2016 / 11 / 25 ( Fri )
IMGP2113_161008.jpg
はじめにm(__)m
「動物いのちの会いわて」は、民間の任意の「動物愛護団体」です。犬猫の保護相談・引き取り相談を毎日10件以上頂いております。
スタッフがいるのだからすぐに返事がほしい!
このように考えておられる方がとても多く、対応に苦慮しております。
当会は「代表」を始め、譲渡・相談・事務スタッフ全員が、日中は他に生業の仕事(会社員等)をもって働いています。
会から「給与」「手当」「ガソリン代」等一切出ていません。全員が、「無償のボランティア」保護に必要なお品や代表電話以外からの電話代、ガソリン代高速料金(交通費)等も「全額個人負担」での活動です。保護施設には常駐・勤務していません。
メール対応、HP更新作業は仕事を終えて帰宅後、夜間深夜になります。
レスキュー依頼には、自分の仕事を休み(年次休暇)、ガソリン代・高速料金等を自己負担してレスキューに向かいます。
休日(土日祝日)は、譲渡会を開催しますので、休日を返上し、会場までの交通費を自己負担して活動しています。
猫を拾った・・・預かりさんがいるんだからすぐに引き取って!
こんな安易な依頼が増えています。
・・・・・犬猫の一時預かりさんも、ボランティア(無償)!です。
岩手県内・県外に居住する、当会施設からは60km・・100km・・以上離れた方がほとんどです。
近くにはいません。「預り手当」「交通費」がでているわけでもありません。
通院時の交通費・譲渡会会場までの高速料金・ガソリン代を自己負担し、善意で犬猫を預っています。
全員が、保護された方とどこも変わりません。善意の「無償」ボランティア!です。
先に、ご自身でできること(親戚・友人に依頼してから)を先に手立てしてからご相談お願いいたします。
自分にできることを! 1匹でも多くの犬猫を助けたい!
この善意の気持ちだけで 活動を行っています。
すぐ来てほしい! すぐ相談にのって欲しい!
「代表電話」にでるのは、保護犬猫をお世話するパートスタッフ(バイト)です。
相談対応できるスタッフ(無償)が自分の会社の仕事の合間(仕事をさぼって)に お返事するのはとても難しいです
施設に保護する200匹の犬猫は治療が必要な子が多く、毎日安定して健康管理ができるように、「お世話専門」の必要最小限の人員(パート)を雇用しています。(労基法を順守し、最低賃金を厳守しています)
レスキュー・保護・譲渡・相談には一切関与しない「施設の保護犬猫のお世話専門スタッフ(パート)」です。
代表電話では、「用件(簡単な概要)を伺うだけ!」になります。詳細相談は後日となります。
保護施設があるんだからすぐに引き取って!
施設は現在満員満所・・保護できる限界180匹まで保護している状態です。
定数を超える保護は、「動物虐待!」となり施設の営業停止の可能性がでます。保護は緊急レスキュー(飼い主のいない犬猫・生死の危うい犬猫)になります。
交通事故等で重症負傷猫の保護がとても多く、施設のお世話スタッフ(パート)も手一杯の介護をしています。
冬を前に、沢山の犬猫の緊急レスキュー・台風10号被災レスキューを急ピッチで行っています。レスキューは毎日夜遅くまでかかり・・通院を済ませますと、連日夜9時過ぎ・・・の帰宅が続いております。お返事も夜遅くなりすぎて・・電話で連絡差し上げられない状態が続いています。早や事は難しい状態です。対応は、スタッフ会議の後になりますが、誠意をもって対応させていただいております。
直接相談は、夜間携帯電話でも承っておりますどうぞご理解とご協力をお願いいたします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆11月わんにゃんふれあい定例譲渡会&施設見学会
会場:当会の保護施設・診療所2階(雫石町内)
日時:2016年11月26日(土)・27日(日) 
集合:両日とも2回ずつ開催します。
 1回目 13:00~13:10集合
 2回目 15:00~15;10集合   
集合場所:JR小岩井駅前の西側駐車場(郵便局側)
  集合時間に、施設から「黄色い旗」をもってお迎えに行きます。
  受付が済みましたら、アンケートを記入下さいね。
  集合時間すぎましたら、施設へ移動ご案内します。
※ 施設では直接受付しません。 必ず集合場所で受付をお願いいたします。
※ 仔犬(8/1生まれ)5頭も里親さん募集中です。(※ワクチン接種済みました、面会はアンケート審査済んだ方!)
毎月第2・第4の土曜日・日曜日が定例譲渡会ですよ。
冬場から春までは、寒さをしのいで「当会施設での屋内での譲渡会」になりますよ。
屋内開催ですから、ご希望の猫ちゃんを抱っこできます。
どうぞご縁の子をご家族に迎えて下さいね。

平日は「譲渡担当スタッフ(無償ボランティア)がおりません」
「施設は保護施設。犬猫は治療中・人なれ練習中です」「施設には、すぐに譲渡できる状態の犬猫がとても少ないのです」
すぐに譲渡できる状態の犬猫の多くは個人宅(一時預かりボランティアさん)におりますよ。
どうぞ譲渡会へいらして下さいね。
フードや使用済タオル等物資の寄付もうれしいです。当日会場へお願いいたします。
 ・譲渡費用は無料です。
 ・飼育に必要なお品は各自準備下さいね。   
 ・子猫達は保護・預かり先からたくさん参加します。(猫は、完全室内飼いが条件です)
ーーーーーーーーーーーーー
トップのお写真はシャムmix猫”るーく君"です。とても甘えん坊さんですよ(^^)譲渡会参加予定です!
ーーーーーーーーーーーーー
今後の譲渡会の予定(誰でも参加OK ご予約は不要です)
JR小岩井駅前駐車場集合・1日2回開催します
屋内での開催になります。犬猫と実際にふれあってご縁の子を迎えて下さいね。
12/4(日) 13;00~13;10・15;00~15;10
12/10(土)13;00~13;10・15;00~15;10
12/11(日)13;00~13;10・15;00~15;10
12/18(日)13;00~13;10・15;00~15;10
12/24(土)13;00~13;10・15;00~15;10
12/25(日)13;00~13;10・15;00~15;10
※会場の駐車場が狭いです。ご家族1台でおいで下さいね。
~~~~~~~~~~~~~
緊急!! 台風10号被災地への支援をお願いいたします
緊急にご寄付をお願いいたします。当会経由で届けます。

10/3 岩泉に支援に入りました。当会は、今後も定期的に支援に入ります。
家は全壊;; でも家の中をかたずけるための「軍手」「ごみ袋」等は、
「近所のお店の売り上げに影響するから、支援物資をもらわずに、自分で購入するように!」
と言われて、収入のめどすらなくなった中、自分で購入しているそうです;;

9/29で岩泉町の住民351人が、町内と隣の田野畑村の避難所での生活を余儀なくされています。
被害額はこれまでに道路や堤防を中心におよそ1400億円に上り、さらに増える見通し「激甚被害!」です・・・
家は、1階も2階も水につかって・・住めるような状態ではないのです・・・
被災に関する物資も、「貰うのが申し訳ない;;」と遠慮し躊躇している・・・ような地域柄です。

犬猫は、皆さん家の中と外を自由にのんびり飼っておられます。
うちの猫も、被災した近所の猫も同じ! わけ隔てなく、フードを与えていますよ。
犬猫用のフードが全く支援がない!
特に「猫用」がなく!とても困っています!!

「犬猫用のフード」
被災地の皆さんには「軍手」「ゴム手袋」「ホッカイロ(貼るタイプ)」「丈夫なごみ袋(45リットル)」「ファブリーズ(脱臭剤)を!

冬が近いです。
冬用の綿入りの暖かいジャンバーをお願いします。
伺った先の皆さんは、「綿入れ」を着て、頑張っておられます。
高齢者用の「ジャンバー(クリーニング済の物)」が欲しい!
切実なお願いです!

どうぞ、ご支援ご寄付をいただけますようにお願いいたします。

被災地の方に喜んでもらうためには!
 ・ 「必要と言われたお品」だけを箱詰めお願いします!
当会での仕分け作業が簡単になりますので、とても助かります。
あれもこれも・・・と必要と書いていないお品を一緒に詰めない事!
物資の仕分けが一番人手が必要で大変なんです。
これが、現地で「すぐに役に立つ寄付!」一番うれしい方法ですよ。

※ 必要だとお願いしているお品だけ(軍手・ホッカイロ・ごみ袋・脱臭剤・ジャンバー等冬物衣類)を「箱につめて」送ってください。
当会ボランティア(無償)さんが仕分けをして、支援に入るときに直接お届けします。

被災地の犬猫へのフードや、軍手等Amazon欲しいものリストでもお願い中です
~~~~~~~~~~~~~~~~
犬猫のフード等今必要なお品は、Amazonに掲載しお願い中です!
Amazonへはこちらから→ 「Amazon(アマゾン)
※ Amazon 右上の「欲しいものリスト」の、「欲しいものリストをみつける」→名前またはメールアドレスを入力する「動物いのちの会いわて」を入力して検索してくださいね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
会員さん募集中!
任意ですがどうぞ「会員さん」になって会の保護犬猫たちを支えてくださいね
・保護犬猫達の生活費・フード代金・治療費用・ワクチン・不妊代金等は、会員さんからの「年会費3000円」で賄っています。 
当会では、譲渡する犬猫にかかった治療費用等を里親さんに負担いただくことはありません。
当会のように費用負担を戴かない団体は、全国でもほとんどありません。
お家に迎える猫や犬は、他の誰かの「会費」で保護した犬猫ですよ。

ほとんどの愛護団体では、譲渡する動物にかかった、医療費(健康診断・駆虫費用・風邪・ケガ等手術等の治療費)やフード等の諸経費を負担し、里親さんには、譲渡する子にかかった最低限の費用!「ワクチン代・不妊手術代」を実費負担していただくところがほとんどです。そのように里親さんに費用負担いただいても、犬を保護して里親さんがみつかるまでにかかる金額は「1頭あたり平均5万円」という目安が、全国各地の保護団体さんのこれまでの活動によりでています。(アニマルドネーションさんの調査結果より) 
当会も例外ではありません。緊急レスキューの犬猫たちは、治療費がとても高額・・1匹10万円を超えるこも多い実情です。
譲渡時の費用負担が無料!は、活動を理解いただき、支えて下さる会員さんご支援者様のご尽力のおかげです。

譲渡に関する費用はいただきません、
当会代表を始め、譲渡スタッフは、他に仕事(会社員等)をもつ、ボランティア(無給)手弁当、かかるガソリン代金等の交通費は自己負担です。会社の年次休暇をとり、休日を返上してボランティア(無給)活動をしています。
保護施設でのお世話スタッフは「有償スタッフ(パート)!」です。 瀕死の状態で保護されてくる保護犬猫の安定した看病お世話のためには、一定のスタッフ(パート)・人件費(最低賃金を厳守しています)が必須です。
保護犬猫の高額な治療費用、保護施設も「借家」家賃の支払い、光熱水費の支払い、ごみ処分料も事業所扱いで有料です。
2016/10月の治療費は、1病院だけで60万円を超えました・・・;;

・・・保護活動はタダでは運営できません。
 
次に保護されてくる子のためにもぜひ「会員さん」になって会の活動を支えて頂けますようお願いいたします

「年会費3000円」は、保護猫1匹の1回のワクチン代金相当になります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
個人で保護した猫の参加も受付中
 参加の条件は、下段に詳細をご覧くださいね。 
 近隣で子猫や成猫を保護されている方、一緒に貰い手を探してあげましょう。
 「抱っこができて、お外へは出さない!飼育方法の猫」が参加の条件です。
 参加する場合は、ワクチン等の接種、成猫は避妊手術・ウィルス検査。
 譲渡会参加の前に「HPでの里親さん募集」が必要です。
 当日いきなりの持ち込みはできません。 ご注意くださいね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「無責任飼い主0(ゼロ)宣言!」
会では、「無責任飼い主0(ゼロ)宣言!」(環境省)指導に沿い譲渡しております。
譲渡費用は「無料」ですが、「飼育環境等整った方」への譲渡になります。
会では、飼育環境等が整いません場合や、飼育条件等にあいません場合は、「お断り」させてだいております。
いったん譲渡しましても、譲渡時のお約束違反の場合はお返しいただきます。ご了解をお願いいたします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
譲渡費用等
・譲渡に関わる費用は「無料」です。
・譲渡は先着順ではございませんのでご了承願います。 
  同日申込・飼育環境等が同じ場合は、先着順になります。
・実際に一緒に暮らすご家族みな様で会いに来て下さいね。
  アレルギー等心配な場合は、実際に抱っこしたり触ってみると、くしゃみや目の周りがかゆい・目が赤くなったりするのでわかりますよ。
迷子札(首輪)は必ず着用・・・当日注文・実費をいただきます(@600 @1050円:送料消費税込)。
  譲渡当日から1か月前後が一番逃がしやすい時期です。 
  譲渡時には「当会の迷子札」を着用しています。
  (後日、当会の迷子札・迷子首輪は必ず返却願います。)
飼育に必要なお品は各自準備下さいね。  
  猫(キャリー・猫砂・猫トイレ・爪とぎ・フード・お皿等)
  犬(クレート・リード・首輪・ペットシーツ・サークル等犬種による) 
 ※譲渡が決まった場合は、必ずお連れ帰り用の キャリー(かご)・クレートをお持ちくださいね。
   猫用は、会でお譲りできるキャリー(かご)も準備してあります。
   (実費をいただきます:体重~5kg用 ・税込2500円)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●譲渡方法
① 「里親さんアンケート」をご記入の上、飼育環境等についての面談・面接。
② 「アンケート審査(書類)OKの方」は、譲渡会・施設で犬・猫と実際にお見合い♥。
③ お見合いで「面談・面接」等OKの方は、その後に譲渡(トライアル)になります。
 ※ 犬は、何回か会いに来てふれあってからの譲渡になります。
④ 「誓約書」=正式譲渡書類等にご記入手続きいただきます。
⑤ トライアルの場合は、1週間~2週間ご自宅でお泊りをして実際に飼育可能かどうか判断いただきます。
 「大丈夫一緒に暮らしていける」場合は、正式譲渡に。
 「思った以上に大変・・・難しい」場合は、お戻し下さいね。
  
猫は当日から譲渡OK。 犬は迎える準備が出来次第OK。
後日のお迎えは平日でもOK(予約)です。  
                        
● 飼育環境等が整った方へ譲渡します。
当会では、「環境省」の指導、「動物愛護法」を順守して、譲渡しています。
飼育環境等が整いません時や、依頼主さんからの飼育条件に合いません場合は,、譲渡を「お断り」する場合があります。 
募集内容に明記してありますのでご覧下さい。    
飼育環境等が整いました場合は、いつでも譲渡いたします。 
                         
 例 (今回は、譲渡できない場合)     

・ 引越の予定がある(これからペット可住宅に引越します!等)
・ 転職・転勤の可能性がある
・ これから結婚する・出産する・妊婦さんがいる
・ 病気治療中・ご家族に体調の悪い方がいる
・ 仕事が忙しい(犬猫のお留守番の時間が長い)
・ 受験生がいる・現在求職中等でストレスが多い
・ 生活保護を受けている等 経済状況が不安定
・ その子の募集内容(条件)に沿わない場合
・ 当日アレルギー症状が出てしまった・・・

●申込者が犬猫を飼う「本人」であること。(代理の方への譲渡は行いません)   
  (お名前・ご住所等、ご本人を確認できる書類を拝見させていただきます。)
●犬猫を飼育する本人(申請者)が20歳以上・犬猫を飼育できる収入があること。
  ※本人(申込者)が60歳以上の場合や単身の場合は別途条件があります。
●犬猫を飼育可能な環境でペット可の住宅にお住まいの方。(貸家等・ペット飼育可の契約書等を提示下さい)
   猫は「完全室内飼い」。  
   犬は犬種等により「屋外」・「屋内」と募集要項に記載の通り。      
●犬猫の逃亡・脱走防止対策をして下さる方(マイクロチップ・迷子札等着用、脱走防止用柵の設置等)  
 譲渡後に逃がした場合は、迅速に捜索等(迷子チラシ・必要な費用等の負担)ができる方。
●犬猫を飼うことについて、家族全員が同意していること。
●万一、結婚や引越し、老人ホーム入所、死亡等で犬猫が飼えなくなった場合、「代わりに飼育できる人」がいること。
  ※本人(申込者)が60歳以上の場合、単身の場合は別途条件有り。
●必要な医療行為を受けて下さり、愛情をかけて「終生飼養」をしていただける方。
   必ず不妊(避妊・去勢)手術をし、毎年混合ワクチンをします。
  ( 高齢・健康上等理由でDr.ストップの場合を除く)           
●仔犬は、1日6時間以上お留守番させない方。 
●犬は市町村へ「新規登録」をお願い致します。 
 (個人情報保護のため、既に登録済の犬の場合でも、元の飼い主さんがわからないよう、新しい飼い主さんは、「新規で登録」して下さい)
●トライアル(お試しお泊まり 1週間~2週間)
 実際に飼育してみて様子を確認していただくシステムです。
・保護犬猫は人の気持ちにとても敏感です。 
トライアルできるから・・・  いつでもキャンセルできるから・・・等と安易に考えているのでしたら、トライアルは犬猫の「人を信頼し愛する心」を傷つけますのでご遠慮させていただきます。
  この子を家族に迎えるぞ!!
  ・・・だけど、なかなか先住の犬猫に馴染んでもらえない;;
  ・・・家族にアレルギーが見つかった・・・;;
  ・・・想像以上にお世話が大変だった・・・;; 
こんな場合のための「トライアル制度」です、無理せずにお戻し下さい。
・仔猫・仔犬の場合は、「先住犬猫」がいる場合のみ、1週間に限ります。
・成猫・成犬は、なじむために、その子の性格にもよりますので、少し長めのトライアルもOKです。
「正式譲渡」後でも、数年後に飼育が困難になった・・・
上記のような場合は、他へ勝手に譲渡せずに一旦会へお戻しください。

●面談・面会と正式譲渡の時には
 「譲渡会」か「保護施設の開所時間内(11:00~15:00)」までに来ていただける方。 
※成犬は、何度か実際に犬に面会にきて、犬とコミュニケーションをとってもらえる方。
※その他の譲渡条件になりますのでご覧ください。
・仔猫・仔犬は原則「岩手県内在住の方」。(移動時間が仔猫・仔犬の負担にならないように)
・成猫・成犬は岩手県内・隣県市町村にお住まいの方(移動時間が犬猫の負担にならないように)            
● 譲渡後は、「1ヶ月後の報告はがき」と 「不妊(避妊・去勢)手術終了報告はがき」を提出いただきます。              
● 譲渡後の「困った・・・」には、「逃がしてしまった・・」「様子が変・・!どうしたらいいの・・・」「飼育面での困った・・・」等、飼育経験豊富な、犬の訓練士・動物愛護飼養管理士(ペットアドバイザー)等が一緒に悩み解決に応じています。 
● 譲渡後の家庭訪問等で、飼育のお約束「誓約書」に違反する場合は、即時お戻しいただきます。 
 ・犬猫に苦痛を与える飼い方をしている場合。 
 ・猫を家の中外自由に飼っている。
 ・犬を外へつなぎっぱなし、フンが散乱している。
 ・犬を屋内飼育、ベランダへ置きっぱなし、日よけや寒さ防止策も行っていない。
 ・理由なくワクチンや不妊手術・治療を行わない等。  
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ここからHP訪問してね(クリックすると訪問できますよ)
仔犬の里親さん募集中⇒ http://inochiiwate.blog59.fc2.com/blog-category-2.html

成犬の里親さん募集中⇒ http://inochiiwate.blog59.fc2.com/blog-category-3.html

仔猫の里親さん募集中⇒ http://inochiiwate.blog59.fc2.com/blog-category-4.html

成猫の里親さん募集中⇒ http://inochiiwate.blog59.fc2.com/blog-category-5.html
 
犬猫の「保護場所」を確認くださいね
  ◎施設 (岩手県雫石町の当会保護施設におります) 
  ◎一時預かり家庭 (岩手県内の当会の預りボランティアさんのおうち)
  ◎依頼主さん (岩手県内の現在の飼い主さんのおうち) 
  ◎保護主さん (迷子等で保護した岩手県内の個人のおうち)
~~~~~~~~~~~~                
当会は、「動物愛護団体」です。「ペットショップ」のようにいつでも好きな時に行けば、欲しい子がもらえるわけではありません。
譲渡可能な犬猫の多くは、個人の預かりボランティアさん(無給)や保護された方がそのまま預かっておられます。
譲渡担当スタッフは、皆仕事(会社員等)を持ちながらのボランティアです。
「譲渡会以外の日に」保護施設へ急においでいただきましても御希望の子には会えませんし、譲渡もすぐにはできません。
会社の年次をすぐに貰って対応できるスタッフ(無給)もおりません。

どうぞ譲渡会にいらして実際に犬猫とふれあい
ご縁の子に巡り合って下さいね。

譲渡会には、HP未掲載の子も、参加します。
HP掲載中の犬猫の参加につきましては事前に確認下さい。

会の犬猫は、「ご縁の子達」ですよ。
HPで、気に入った犬猫がおりましたら
どうぞ、早めに事前予約をくださいね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
土日はお仕事で・・・譲渡会には行くことができない方に!
先に「里親さんアンケート」で、飼育環境等の確認を!
書類審査がOKでしたら、HP掲載のご希望の子と譲渡会以外の日に面談できますよ。
「猫の預かりさん」の日程と「譲渡担当スタッフ(無給)」と日程調整して面談日をお知らせします。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 施設訪問(見学・ご寄付等)は、必ず「事前に予約」をお願いします!
犬や猫が飼いたい!ほしい!
すぐに譲渡ができる状態の犬猫は施設にはとても少ないのです。
「今日はお休みだから・・・」「近くまで来たから」等、いきなりの施設訪問の場合は、当日の犬猫の介護やお世話にも支障が出ます。

「ペットショップ」ではありません。 犬猫の「保護(治療)施設」です

すぐに譲渡できる子の多くを「個人の預かりボランティアさんのお家に」お願いしております。
現在里親さん募集中の子は、全てHP「里親さん募集中」に掲載しております。 どうぞサイトをご訪問くださいね。
当会では毎月第2土日・第4土日が定例譲渡会です。
当日は、HP未掲載の犬猫もたくさん参加します。
譲渡会はご予約不要ですよ。ご家族皆さまでおいで下さいね。

当会「保護施設」は岩手県雫石町にあります。
世の中は、犬猫好きの方と同じくらい「犬猫嫌いの方」がおられます。
ニュースでは、毎日のように全国で犬猫の虐待のニュースが流れています。
犬猫とボランティアさんの安全のため「住所非公開」にご理解とご協力をお願いいたします。

施設の見学時間は「11時から15時まで」 必ず事前に予約をお願いいたします
譲渡会以外の日でも、ご見学はいつでも受け付けています。
どんなふうに過ごしているのかな。 どうぞ「予約」をしてからおいで下さいね。
人手が不足の時ほど、案内スタッフが少しその場を離れた時に、不測の事故の可能性が増えます(咬まれた;;吠えられてびっくりしてけがをした;;猫に引っかかれた;;等)、怪我をされますと、病院の付き添いも・・・。保護犬猫と人の安全のため、「見学の事前予約」にご理解とご協力をお願いいたします。

フード等の施設への直接寄付は、事前に連絡下さいね!
「11:00-15;00」
上記の時間帯は、犬猫たちも食後でおなかがいっぱい(^^)
180匹わんにゃんずが大歓迎させていただきます。
施設は広く、介護の必要な犬猫ばかり!朝夕は180匹の食事とトイレの掃除・犬の散歩で大忙しです。
スタッフは数名!てんてこ舞いです。すぐに作業の手を離せない場合も多いです。
どうぞ、前日までに、訪問日と時間帯をお知らせくださいね。
----------------------------------------------------------
「動物いのちの会いわて」は、2000年から16年間で4600匹余の命をつないできました。
岩手県内を中心に活動する任意の動物愛護団体です。 当会には、上部団体(県内外含)も、支部等(県内外含)もございません。
唯一独自、県内で唯一「岩手県の地元のボランティアによる保護施設を抱える動物愛護団体」ですよ。
「動物いのちの会いわて」は2009年夏に矢巾町から雫石町に完全転居いたしました。旧施設の場所は、住宅地になっています。ご注意願います。
-----------------------------------------------------------
≪里親情報・アンケートに関するお問い合わせ等は≫  
会の犬猫は、「ご縁の子達」ですよ。
HPで、気に入った犬猫がおりましたらどうぞ、早めに事前予約をくださいね。
お見合いは、譲渡会の日(開催時間前)にお会い戴くことになります。

譲渡会で気に入った子を探したい♥場合は
当日アンケートご記入お願いします。

アンケート取り寄せ → アンケート審査OK → 譲渡会でのお見合い

アンケートは、パソコンメール(プロバイダーメール)・電話FAX・郵送になります。

メールか「夜間専用電話」へ申し出をお願いたします。

メール申込先: [ inochinokai@gmail.com ]
  いただいたメールにお返事ができない場合がございます。   
  ☆ メールの受診設定をお願いします。
  (ドコモ携帯は、パソコンメールの受信拒否設定になっています。→必ず「gmail.com」の受信設定をお願いいたします)
電話fax申込先:019-691-1771(fax専用)
里親募集 専用電話 080-741-3602(18:00~20:00)
 inochinokai@gmail.com
  ※ 夜間電話の時間帯は、ごめんなさい;;車で移動中が多いです。お手数をおかけしますが「メッセージ」を残して、10分後    にもう一度お電話くださいね。  駐車スペースに移動して電話を受けられるようにお待ちします。
~~~~~~~~~~~~~
僕達に「猫フード・猫砂」をありがとうございます
10_2016100411430215c.jpg
僕は、黒猫(スモーク)”あっしゅ”💛” 表面は漆黒なんだけど・・・毛の内側はグレーなんだよ💛
3兄弟の末っ子にゃ! お兄ちゃんたちは、もう里親さんが決まったんだよ。
僕は・・・後ろ足指をケガして・・・毎日治療頑張ってきたにゃ!
車のボンネットが暖かいから・・隠れていたら
エンジンかかって・・あっという間に、足の指先が飛んで行ったんだ;;
痛くて・・・怖くて・・・お熱に苦しんだんだよ;;
点滴やお薬をもらって治療してもらったにゃ

足の指は1本・・・もうないにゃ;;

でももう大丈夫にゃ!
かけっこは素早くて、”疾風のあっしゅ!”って呼ばれてるにゃ💛
猫タワーだってささっとてっぺんまで登っちゃうんだよ💛
今ね、プロレスの特訓中にゃ
相手にケガさせない様に!咬みすぎないように!💛

今度は僕の番にゃ!
きっと素敵な里親さんがお迎えに来てくれるって信じているにゃ💛
僕たちに猫砂や、仔猫用フードをありがとうございますにゃ
※ お写真向かって右側が黒猫あっしゅちゃん。
一時預かりボランティアさん(無給)のお家に、3兄弟でお世話になりました。
一緒にフードを食べているのは、仲良し仔猫のぴゅーたちゃん、セナちゃん、ラブちゃんですよ。
※黒猫アッシュ君は仲良しお兄ちゃん猫セナ君と同じお家に!
ぴゅーた君は、小さな人間の姉弟の弟分として!里親さんが決まりました。
ラブちゃんは里親さん募集中です。

【物資等のご寄付のお願い】
たくさんの保護犬猫たち・・・
一口でも食べさせてあげたい! 今必要なものは何ですか?
ご支援の申し出をありがとうございます。
今必要なお品は、Amazon(アマゾン) 「欲しいものリスト」でお願いしております。
楽天のショップさんのお品もお願いしています。
◎アマゾン:「ほしい物リスト」 ⇒ ページ右上の「ほしい物リストをさがす 」から「動物いのちの会いわて」を検索してくださいね​
サイトへはこちらから → 「Amazon(アマゾン)」 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
続きを読む
17 : 22 : 22 | 譲渡会のご案内 | トラックバック(0) | コメント(0) | ≪ トップへ ≫
前ページ | ホーム | 次ページ